近年、日本社会は成長から成熟の段階に入ったと言われています。

「成熟」には「十分に成長すること」や「できあがること」といった意味があります。確かに、いまの日本は経済も社会システムも十分に成長し、物質的にも満たされています。

一方で「失われた30年」とも言われるように、日本社会は経済活動が停滞しており、今後の成長が望めないと危惧する向きもあります。成熟を衰退への入り口であると位置づければ、特にビジネスの世界では、いまの日本の状況は喜ばしいことではないのかもしれません。

「知足」という禅語を、みなさん一度は耳にしたことがおありでしょう。

禅宗の重要な経典に、お釈迦様が入滅される前の最後の教えをまとめた「遺教経(ゆいきょうぎょう)」があります。知足は、その中に挙げられた修行者が実践すべき八つのこと、「八大人覚(はちだいにんがく)」のひとつです。

「八大人覚」
少欲(しょうよく:欲を少なくする)
知足(ちそく:足ることを知る)
遠離(おんり:騒がしいところを離れる)
精進(しょうじん:一生懸命努力する)
不忘念(ふもうねん:純真な心を忘れない)
禅定(ぜんじょう:心を乱さない)
智慧(ちえ:物事を正しく認識・判断する)
不戯論(ふけろん:無駄口を叩かない)

参考資料:平井 正修,老いて、自由になる。智慧と安らぎを生む「禅」のある生活,幻冬舎,2020年

人間は誰しも「欲」を持っています。欲があるからこそ学び、努力し、結果として社会は発展してきました。より高みをめざし、より多くを求める心そのものは、決して悪いことではありません。ただし、過ぎたるは猶及ばざるがごとしと言われるとおり、欲も強すぎれば道を誤り、身を滅ぼす原因となります。そのためお釈迦様は、欲を少なくし、「知足」すなわち自分の中に「足る」という感覚を持つことが大切だと戒められました。

そんなふうに言われると、「現状維持では進歩がない」、「現状に甘んじて向上心を失えばイノベーションが生まれない」などと思う方もいるでしょう。それは知足という言葉の真意ではありません。

画像: 龍安寺に設置してある吾唯足知のつくばい。真ん中を口に見立て「吾唯足知」を表現している

龍安寺に設置してある吾唯足知のつくばい。真ん中を口に見立て「吾唯足知」を表現している

「足るを知る」とは、「自分がいま、持っているもののありがたみを知る」ということです。持っているものとは、お金のような有形資産だけではありません。社会環境、自然環境、人脈や健康といった無形資産も数多くあり、私たちは知らず知らずそれらの恩恵にあずかっているはずです。そのことを忘れ、もっと欲しい、これでは足りないと欲張る人は、いつまでも心が満たされず、幸せを感じることもできないでしょう。

いまに満足することは、目の前の幸せに気づき、感謝することにつながります。その感謝の心は、次なる成長をめざして前向きに頑張ろうという意欲を生み出します。お釈迦様は、そのようにプラス思考で欲をコントロールしなさいと説かれたのです。

画像: お釈迦さまが誕生した時に右手を挙げて唱えたと伝えられる「天上天下唯我独尊」

お釈迦さまが誕生した時に右手を挙げて唱えたと伝えられる「天上天下唯我独尊」

この「知足」ということが、真の意味での「成熟」につながるのではないでしょうか。成熟の対義語は未熟です。では成熟と未熟の境界はどこにあると思われますか。

一般的に赤ちゃんは未熟で、大人は成熟していると考えられていますね。けれど、お釈迦様は生まれてすぐに七歩歩き、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」とおっしゃったと伝えられています。生まれたばかりのお釈迦様は未熟でしょうか。逆に、大人でも怒りや欲望をコントロールできない人を成熟していると言えるでしょうか。

成熟・未熟とは単に時間の経過で決まるものではなく、そのときのその人、その社会のありようで決まるものです。成熟して成長の余地がないと思われているいまの日本社会も、大局的に見れば、未熟な社会なのかもしれません。

思い込みに縛られず、一度みずからを見つめ直して足ることを知る。そのことが、本当の成熟とはなにかに気づき、次なる成長へと向かうための足がかりとなるはずです。

画像: 知足
~足るを知る~

平井 正修(ひらい しょうしゅう)

臨済宗国泰寺派全生庵住職。1967年、東京生まれ。学習院大学法学部卒業後、1990年、静岡県三島市龍澤寺専門道場入山。2001年、下山。2003年、全生庵第七世住職就任。2016年、日本大学危機管理学部客員教授、2018年、大学院大学至善館特任教授就任。現在、政界・財界人が多く参禅する全生庵にて、坐禅会や写経会など布教に努めている。『最後のサムライ山岡鐵舟』(教育評論社)、『坐禅のすすめ』(幻冬舎)、『忘れる力』(三笠書房)、『「安心」を得る』(徳間文庫)、『禅がすすめる力の抜き方』、『男の禅語』(ともに三笠書房・知的生きかた文庫)など著書多数。

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.