「あなたは何者か?」そう問われたとき、あなたならどう答えるでしょうか。

名前、職業、資格、勤務先や役職、家族構成、趣味…自分にまつわるさまざまな物事が思い浮かぶことでしょう。けれど、それらの要素はどれも、あなたのある一面を説明しているにすぎません。あなた自身は一体、何者か分かりますか。

この問いに、禅の宗祖である達磨大師は「不識」(ふしき)と答えました。かつて達磨大師がインドから中国の梁(りょう)に渡ったとき、国を治めていた武帝から宮廷に招かれました。仏教に帰依していた武帝は、高名な達磨大師と問答ができると喜び勇んで質問を投げかけます。

「朕、寺を立て僧を度す。何の功徳か有る(私は仏教に貢献してきた。どれだけ利益(りやく)が得られるか)」
「無功徳(利益などない)」
「如何なるか是れ聖諦第一義(仏法の真理は何か)」
「廓然無聖(一点の雲もない空のように、晴れやかで真理も迷いもない空っぽの状態だ)」
「朕に対する者は誰ぞ(私の前に居るあなたは誰だ)」
「不識(知らない)」

達磨大師は禅の精神を真摯に伝えているのですが、武帝は理解できなかったといいます。

考えてみれば、自分が何者であるかなど、分からなくて当然です。私たちはよく「自分は短気な人間だ」などと自分を評しますが、それは往々にして自分の勝手な思い込みにすぎないものです。自分の思う自分と、他人から見たあなたの印象は異なっていることも多いでしょう。あなたが自分だと思っているものは、主観的な意識の中の自分、言いかえると脳内での自分であり、実在としての自分、「ほんとうの自分」など、どこにもないのかもしれません。達磨大師は、そうしたことを言いたかったのではないでしょうか。

ところが人は、実体があるかどうか分からない自分自身に対しても「こういう人間だ」という思い込みに縛られがちです。そしてそのことはいろいろな物事の妨げになります。例えば人と人との意思疎通、相互理解もそうでしょう。「自分は古い人間だから、若い人の考えは理解できない」「自分は日本で生まれ育ったから、外国人の価値観は受け入れられない」そんなふうに思ったことはありませんか。

グローバル化の時代、海外に進出する企業や海外企業を買収する企業が増えています。現地採用の従業員や買収した企業の従業員に自社の経営方針を理解してもらい、経営理念を浸透させるにはどうすればいいのか悩んでいるという話も耳にします。文化や習慣の異なる国の人たちと、互いに理解し合うことは簡単ではないでしょう。「自分は日本人だから」などと言っていたのでは、なおさらです。

人はとかく相手を理解する前に自分を理解させよう、自分を変える前に相手を変えようとしがちです。でも、こちらが自分をぶつければ、相手も自分をぶつけてきます。それではいつまで経っても分かり合うことなどできません。

さきほどの話を思い出してください。「自分」などというものは、あるかないかも分からないようなもの。そのようなものにこだわる必要がありますか。

画像: 達磨大師が中国の梁の武帝の問いに返した「不識」

達磨大師が中国の梁の武帝の問いに返した「不識」

だから一度、自分を捨ててみることです。そして空になったところへ、相手を受け入れてみる。受け入れるというのは、すべてを許容することではありません。働き方や仕事の進め方のような譲れる部分と、企業理念や経営方針のような譲れない部分があるのは当然ですから、理解し合うためにはそれらをすり合わせていくことが必要です。それもまずは相手を受け入れてみないことには始まりません。

自分など何者でもないと識る。自分を理解することも、相手を理解することも、そこから始まります。

画像: 不識

平井 正修(ひらい しょうしゅう)

臨済宗国泰寺派全生庵住職。1967年、東京生まれ。学習院大学法学部卒業後、1990年、静岡県三島市龍澤寺専門道場入山。2001年、下山。2003年、全生庵第七世住職就任。2016年、日本大学危機管理学部客員教授、2018年、大学院大学至善館特任教授就任。現在、政界・財界人が多く参禅する全生庵にて、坐禅会や写経会など布教に努めている。『最後のサムライ山岡鐵舟』(教育評論社)、『坐禅のすすめ』(幻冬舎)、『忘れる力』(三笠書房)、『「安心」を得る』(徳間文庫)、『禅がすすめる力の抜き方』、『男の禅語』(ともに三笠書房・知的生きかた文庫)など著書多数。

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.