「第1回:ギバー、テイカー、マッチャ―。」はこちら>
「第2回:時間的な鷹揚さ。」はこちら>
「第3回:自己利益と他者利益。」はこちら>
「第4回:ギバーへの道のり。」はこちら>
「第5回:寿司とマフィアとビートルズ。」

※本記事は、2022年3月9日時点で書かれた内容となっています。

お話ししてきたように、『GIVE & TAKE』では人間をギバー、テイカー、マッチャーの3つに分類しています。周囲にいる人をこの3類型に当てはめてみて、その人たちがどういう行動をとっているのかを見てみると、より理解が深まります。僕の友人・知人にも「ああ、こういう人がギバーだな」と思わせる人が何人かいます。そのなかでもギバーの概念にぴったり当てはまる、あるIT企業の経営者のエピソードを紹介します。

この人は、かつて銀座にあるお寿司屋さんのオーナーでした。本業とは全然関係ないのに、なぜか。彼はお寿司が好きで、いろいろな有名店を食べ歩いていました。そのなかでもひいきにしていたお店があったんですが、そこの職人さんが突然辞めて別の店に移ってしまった。

その職人さんが握るお寿司が食べたくて、経営者は移転先のお店を訪ねました。そこでいろいろ話をすると、職人の若者が「将来は独立したい」という希望を持っていることを知りました。それを聞いた社長さんは「だったら自分が一部出資するから、お店出せば?」と彼の独立を後押しします。職人さんは銀座で開業し、今では立派な人気店になっています。成功してから、共同オーナーだった経営者から株を買い取り、現在は資本も独立しています。

これは、第3回でお話しした他者利益と自己利益が一体化している、典型的なギブです。つまり、この経営者にとってギブはテイクでもある。その職人さんが握るお寿司が好きで、人柄も信頼している。そんな彼が独立してお店をやれば、大好きなお寿司をよりよい状況・状態で食べられるし、自分だけでなくいろいろな人に食べてもらえる。かなりピュアに、自分がそうしたいから出資しただけなんです。

この話からもわかるように、ギバーにとって一番強い動機は「本当なら自分がやりたいけれど、能力や資源、時間の制約があってできないので、この人にやってもらいたい」という思い。つまり、自他の区別がない。はたから見れば利他的であっても、本人はギブした時点で報われています。自分にとって面白いとか、心地よいと思えることに対して自然にギブができて、そのあとも鷹揚に構えている。

歴史上の偉大な人物のなかで本当にギバーだなと僕が思う人に渋沢栄一がいます。この人こそギバーの究極です。それから小林一三。彼は「いつまで経っても貸しが圧倒的に多いのがいい人生だ」と言っています。渋沢にしても小林にしても、本当に大きな仕事をする人というのは、圧倒的にギバーが多い。

一方で、「面倒見がいい」と言われる人には、実はマッチャーが結構多い。映画『ゴッドファーザー』で描かれているマフィアの大ボスは太っ腹のように見えますが、せいぜいマッチャーです。「ところであのとき、僕が君にこういうことをしたのを覚えているだろう? 今こそ恩を返すときじゃないか」なんて言う。ギブしてから時間的なラグがあるけれど、しっかり帳尻を合わせてくる。

翻って僕自身はどうかと言うと、決してギバーではありません。基本的にはマッチャーです。それでもたまにはギバー的な行動をとることがあります。この人は才能あるな、面白いなと思ったときに、自分の利益とは関係なく「こういう仕事をしたらどうですか」と紹介する。この人が才能をもっと活かせたらいいなと思ってやることで、自分に何が返ってくるかとかは考えていない。『GIVE & TAKE』が言うように、ギバーはだれのなかにでもある本能、本性であることは間違いないと思います。

ギブに対するリターンは必ずしも経済的な利益ではなく、リスペクトを得るという表現が一番正確だと思います。ギバーのほうが金銭的に儲かるというわけではない。もしかしたらテイカーですごく経済的に成功した人もいるでしょうが、それが本当の幸せなのかどうかは疑問です。世の中には矛盾や理不尽がありますが、ギバーが人間の本性であり、結局、そういう人たちは尊敬されている。その程度には、世の中うまくできているなと思います。

最後に、ビートルズのアルバム『Abbey Road』に収録されている『The End』という曲のエンディングの歌詞を紹介します。

And in the end
The love you take
Is equal to the love you make

(1969年リリースアルバム『Abbey Road』収録曲『The End』 作詞作曲レノン=マッカートニー)  

普通、takeの対義語はgiveですが、ここではmakeを使っています。give(人に〇〇を与える)と違って、make(〇〇を作る)は方向性を持たない動詞です。「あなたが受けとった愛は、あなたが作っておいた愛とイコールである」。つまり、「あなたが与えてくれた愛」ではない。giveしたからと言って必ずtakeできるものではない。世の中というのはそういうものだ――期せずしてつねに本質を突くのがビートルズ。さすがです。

画像: GIVE&TAKE-その5
寿司とマフィアとビートルズ。

楠木 建
一橋ビジネススクール教授
1964年東京生まれ。幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、一橋大学商学部助教授、一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授、2010年より現職。

著書に『逆・タイムマシン経営論』(2020,日経BP社)、『室内生活 スローで過剰な読書論』(2019、晶文社)、『すべては「好き嫌い」から始まる』(2019、文藝春秋)、『「好き嫌い」と才能』(2016、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則』(2016、ダイヤモンド社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『経営センスの論理』(2013、新潮新書)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)などがある。

GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代

楠木教授からのお知らせ

思うところありまして、僕の考えや意見を読者の方々に直接お伝えするクローズドな場、「楠木建の頭の中」を開設いたしました。仕事や生活の中で経験したこと・見聞きしたことから考えたことごとを配信し、読者の方々ともやり取りするコミュニティです。
この10年ほどTwitterを使ってきて、以下の3点について不便を感じていました。

・140字しか書けない
・オープンな場なので、仕事や生活経験の具体的な中身については書きにくい
・考えごとや主張をツイートすると、不特定多数の人から筋違いの攻撃を受ける

「楠木建の頭の中」は僕のTwitterの拡張版というか裏バージョンです。もう少し長く書ける「拡張版」があれば1の問題は解決しますし、クローズドな場に限定すれば2と3の不都合を気にせずに話ができます。加えて、この場であればお読みいただく方々に質問やコメントをいただき、やりとりするのも容易になります。
不定期ですが、メンバーの方々と直接話をする機会も持ちたいと思います。
ビジネスや経営に限らず、人間の世の中について考えることに興味関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。DMM社のプラットフォーム(月額500円)を使っています。

お申し込みはこちらまで
https://lounge.dmm.com/detail/2069/

ご参加をお待ちしております。

楠木健の頭の中

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.