「第1回:GフォーカスとGショック」はこちら>
「第2回:健康とその延長にある死。」
「第3回:還暦大作戦。」はこちら>
「第4回:カットアウトか、フェードアウトか。」はこちら>

※本記事は、2022年2月9日時点で書かれた内容となっています。

しばらく前に『逆・タイムマシン経営論』という本を出しました。この本の主題は、「そう簡単に変わらないことこそ本質だ」ということです。近過去を振り返るだけでも、歴史は変化の連続です。変化を追いかけることによってはじめて、そこに一貫して変わらないものがあることに気づく。本質を見抜く力、大局観を会得しようとするならば、タイムマシンに乗って過去に遡るに若くはなし、というのが『逆・タイムマシン経営論』で伝えたかったことです。

『週刊現代』が「思い出話」「お色気」「健康」という3本柱のローテーションを決して崩さないという事実は、この3つこそがG(爺)の本性であり本質だということを物語っています。私的専門用語で「Gスポット」と呼んでいます。

Gスポットの中でも、中核を占めるのは「健康」です。健康はGに限らず誰にとっても関心があることです。どんなメディアでも鉄板のトピックなのですが、『週刊現代』の記事にはGマイナー7thのブルージーな味わいが横溢しています。なぜかというと、健康よりもその延長線上にある死のほうがGの一大関心事だからです。

人間誰しも健康でいたい。しかし、死を避けることはできない。健康とその延長上にある死とのせめぎ合い。ここが若者の考える「ヘルシー」や「ウェルネス」と、Gをターゲットにした『週刊現代』が違うところです。毎回のように健康の話をしているのですが、関心がどんどん死のほうに傾いてくる。これを私的専門用語で“横Gがかかる”と言っています。

例えば、「クモ膜下出血から生還して考えたこと」といった記事を見ても、クモ膜下出血の予防という話よりも、死を垣間見た人がその時に思ったことに関心がある。健康よりも死の方に横Gがかかりまくっています。

なぜGはそんなに死に関心があるのか。もちろん怖いからです。なぜ怖いのか。誰も死を経験したことがないからです。70数年生きて、それなりに山谷も乗り越え、もう酸いも甘いもかみ分けているGですが、死だけは経験したことがない。興味と関心がつのるゆえんです。

「スマホでヌードをとる簡単テクニック」「エッチなおばさんは嫌いですか?」(←嫌いじゃないが、好きというほどでもない)といったお色気モノには失笑を禁じえない記事も多いのですが、健康や死のトピックでは「ああ、年を取るのも悪くないな」としみじみと思わせられる記事に出会うことがしばしばです。

例えば、「ままならないのが人生」という特集記事では、「人生には仕方がないことがある」「他人と比べてはいけない」「後から振り返れば、たいていのことは大したことじゃない」といった見出しが躍っています。これは僕が常々大切だと思って考えたり書いたりしていることと完全に合致します。やはりGになると人と人の世の本質が見えてくる。G同士、自然と見解が一致します。「ビバ! 成熟」です。

死というシリアスなテーマでも、『週刊現代』は独特のアプローチで切り込みます。これがイイんですね。例えば、「死ぬのが怖いあなたへの10章」。Gの関心をわしづかみにするタイトルですが、中身を見ると、「脳梗塞はいたくない」「10秒であの世に行ける」といった記事が並んでいます。「脳で死ぬ、心臓で死ぬ、その違いは何か」というのもあります。どっちでもイイんじゃないかと思うのですが、やっぱりこの辺が気になるんですね。笑ったのは、「骨になるときはどんな感じか」。そんなの知らないよ!としか言いようがありません。

一方で「実務としての死」、これもまたGにとっては重要なテーマです。例えば「ネットでは分からない総力特集 1週間で済ませる最後の手続き」。1週間で済むか……と気が楽になりました。「ひとりになった時、やってはいけないこと」という特集記事もあります。奥さまが先に亡くなるケースもありますから、こういう記事にも需要がある。そこで「やってはいけないこと」として挙げられているのが、「子どもに財産を渡す」「再婚」「家の売却」「引っ越し」「子どもと同居」「老人ホームに入る」――一体どうすればいいのかが逆にわからなくなります。「遺言書、こう書くから揉めるんです」「家族に見られたくないものはこの順番に捨てる」――例によって、どんどんブルースになってきます。

『週刊現代』の記事に横Gがかかるのは、ある意味で皮肉な成り行きだと思います。「長生きしたい」というのは人間の本性です。それが技術や医療の進歩を駆動するエンジンとなりました。GがYだったころと比べれば、幸いにして寿命は延び、多くの問題が解決されました。しかし、そうなったらそうなったで、また新たな問題が出てくる。あっさり言えば、なかなか死ねない時代です。だからこそ、さまざまな不安が出てくる。横Gがかかりまくっている『週刊現代』は、人間が抱えている本質的な矛盾をえぐり出しているといっても過言ではありません。

この先大切になるのは、「この矛盾を矛盾のまま矛盾なく乗り越える」ことではないか――G初心者の初老の僕がGの諸先輩から学んだことです。そのためには、何よりも自分なりの価値観、自分の頭と言葉で確立した価値基準が不可欠です。これは「教養」にほかなりません。ということは、年を取れば取るほどその人の教養が問われることになる。若い時はだいたいみんな同じでも、良い年の取り方をしている人とそうでもない人には大きな差が出てくるものです。昔話の定番プロットが「良いお爺さん」と「悪いお爺さん」のコントラストにあることも、これを示唆しています。高齢化社会でいちばん大切になるのは個々人の教養だと僕は確信しています。(第3回へつづく)

「第3回:還暦大作戦。」はこちら>

画像: 初老の老後―その2
健康とその延長にある死。

楠木 建
一橋ビジネススクール教授
1964年東京生まれ。幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、一橋大学商学部助教授、一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授、2010年より現職。

著書に『逆・タイムマシン経営論』(2020,日経BP社)、『室内生活 スローで過剰な読書論』(2019、晶文社)、『すべては「好き嫌い」から始まる』(2019、文藝春秋)、『「好き嫌い」と才能』(2016、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則』(2016、ダイヤモンド社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『経営センスの論理』(2013、新潮新書)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)などがある。

楠木教授からのお知らせ

思うところありまして、僕の考えや意見を読者の方々に直接お伝えするクローズドな場、「楠木建の頭の中」を開設いたしました。仕事や生活の中で経験したこと・見聞きしたことから考えたことごとを配信し、読者の方々ともやり取りするコミュニティです。
この10年ほどTwitterを使ってきて、以下の3点について不便を感じていました。

・140字しか書けない
・オープンな場なので、仕事や生活経験の具体的な中身については書きにくい
・考えごとや主張をツイートすると、不特定多数の人から筋違いの攻撃を受ける

「楠木建の頭の中」は僕のTwitterの拡張版というか裏バージョンです。もう少し長く書ける「拡張版」があれば1の問題は解決しますし、クローズドな場に限定すれば2と3の不都合を気にせずに話ができます。加えて、この場であればお読みいただく方々に質問やコメントをいただき、やりとりするのも容易になります。
不定期ですが、メンバーの方々と直接話をする機会も持ちたいと思います。
ビジネスや経営に限らず、人間の世の中について考えることに興味関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。DMM社のプラットフォーム(月額500円)を使っています。

お申し込みはこちらまで
https://lounge.dmm.com/detail/2069/

ご参加をお待ちしております。

楠木健の頭の中

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.