2021年10月11日より5日間にわたって開催された、日立最大のイベントHitachi Social Innovation Forum 2021 JAPAN(HSIF 2021 JAPAN)。リモート開催となった本イベントにおいて、「Lumadaのグローバル展開の加速」~グローバルDXパートナーに向けて~をテーマに、日立製作所副社長德永俊昭、グローバルロジック社 プレジデント&CEOシャシャンク・サマント、日立ヴァンタラ社 CEOガジェン・カンディアのリレー講演を配信した。第2回では、シャシャンクのスピーチをお届けする。

「第1回:株式会社日立製作所執行役副社長 德永俊昭 HSIF2021講演」はこちら>
「第2回:グローバルロジック社 プレジデント&CEO シャシャンク・サマント HSIF2021講演」
「第3回:日立ヴァンタラ社CEO ガジェン・カンディア HSIF2021講演」はこちら>

デザイン主導のデジタルエンジニアリング

皆さん、こんにちは。私はグローバルロジック社のプレジデント&CEOのシャシャンク・サマントです。今日、日立ファミリーの新しい一員として皆さんの前でお話できることを嬉しく思います。

グローバルロジック社の事業を一言で表すとすれば、それは「デザイン主導のデジタルエンジニアリング」です。私たちは、世界でもよく知られているブランドや、急成長している創造的企業と協力して、革新的なデジタル製品、プラットフォーム、そして魅力的な体験を生み出しています。

デザイン、高度なエンジニアリング、そしてデータを融合させ、お客さまのデジタル化を成功させたいという思いを実現します。その過程で、新しいビジネスモデルや収益源を創出し、お客さまのビジネスを変革していきます。私たちの協創のアプローチは、LumadaのOTとITソリューションの豊富なポートフォリオを強化します。

画像1: デザイン主導のデジタルエンジニアリング

皆さんの一日の生活すべてにグローバルロジック社の仕事が関わっています。私たちのサービスはメールチェック、ナビゲーション用の地図、車の運転、買い物など日常的なデジタル体験のすべてに関係しています。私たちには、あるべき世界の姿に目を向け、お客さまと一緒になってより良い社会を支える技術を協創する才能があります。この点で、当社の活動は、日立のビジョン「POWERING GOOD(パワーリング・グッド)」と見事に一致しています。

画像2: デザイン主導のデジタルエンジニアリング

DXに必要な3つのコンピテンシー

私たちは、DXを実現するための3つのコンピテンシー、「エクスペリエンスデザイン」「高度なエンジニアリング」「コンテンツエンジニアリング」を提供しています。当社のデザイナーは、「消費者に何を提供できるか」に対して新しいアイデアを生み出し、お客さまがデジタルによる新たな未来に踏み出すサポートと、お客さまの製品やビジネスモデルの再構築や新規考案を行います。

また、チップからクラウドまで対応可能な私たちのソフトウェアエンジニアリングは、次世代技術を活用して、新しいアイデアに命を吹き込みます。

新しいデジタル体験やプラットフォームを生み出した後、私たちがお手伝いするのは、企業にとって最も価値ある資産のひとつである「データ」の収集と分析です。コンテンツエンジニアリングの専門家は、データから価値を見出し、消費者の体験をより良いものにします。

私たちの競争力は、デジタルプラットフォームとしてのLumadaをさらに強化し、Lumadaを活用した新しいソリューションの創出を可能にします。そして日立ヴァンタラ社と連携し、データドリブンでマルチクラウドインフラ環境上にソリューションを構築します。

画像1: DXに必要な3つのコンピテンシー

DXは何年にもわたる旅のようなものです。だからこそ、日立のような長期的なパートナーを持つことが重要です。私たちは、変革のさまざまなステップを玉ねぎの層のように捉えています。

まず「コア製品」からスタートします。企業が最新技術を活用して既存の製品を強化し、その価値を拡大させます。

第2層 「デジタルの拡張」では、企業はデジタルプラットフォームやインターフェースを使い、消費者とのタッチポイントやチャネルをいかに増やすかを検討します。

第3層 「デジタルサービス」では、実世界にある製品をデジタルで強化し、多様化するお客さまのニーズを満たすEnd・to・Endのソリューションを提供します。

第4層では、新たな収益源の創出のための「デジタルエコシステム」や、サプライヤー、パートナー、お客さまとのインターフェースとなるユニバーサルプラットフォームを構築します。

最終的に、私たちはお客さまの「コア製品」という発想から、お客さま独自のデジタルサービスやエコシステムの創出を追求します。これらは、私たちのデザイン、エンジニアリング、Lumadaのユースケースとプラットフォームなどにより、迅速かつ効率的に実現することができます。

画像2: DXに必要な3つのコンピテンシー

グローバルロジック社のDX事例

デジタルエコシステム層での変革の好例が『Pearson Education』です。学習環境の急速な変化を見据え、デジタル時代のビジネスモデルの再構築をめざし、私たちと提携して、一人ひとりに合わせてカスタマイズされた斬新な方法でコンテンツを提供できる「アダプティブ・ラーニング・プラットフォーム」を設計・構築しました。プラットフォームとパートナーのコンテンツを組み合わせることで、自分のペースでコンテンツを利用することができ、学習体験の質を高め、生涯学習をサポートします。

このプラットフォームにより、『Pearson Education』は、コンテンツやテキストブックなど、学習する人の過程に合わせてインタラクティブに管理するLearning-as-a-Serviceへと移行することができました。

画像1: グローバルロジック社のDX事例

私たちはお客さまへの一連の質問を通して、お客さまを変革の旅へとお連れします。これを、DXの「Why」「How」「What」と呼んでいます。「なぜデジタルに向かうのか」は、戦略や経営のコンサルタントが答える質問です。ここでは、事業戦略と組織構造がハイレベルな計画として一体化されます。

お客さまから「デジタルでどうやって変革するのか?」と聞かれたら、私たちの出番です。製品やサービスがどのようにお客さまと相互作用するかを理解する設計に始まり、プロトタイプエンジニアリング、開発、またはプロダクション・エンジニアリング、そしてアジャイルな方法で継続的に製品を改善するなどすべての工程を行います。これこそが私たちの活躍の場であり、この分野で膨大な経験を積んできました。

お客さまから「自社システムを動かすためのあるべき環境は?」と聞かれたら、それはプラットフォームインフラとRunOps(ラン・オプス)に関する質問です。日立ヴァンタラ社の製品とケイパビリティは、これに非常に適合します。

これらすべてのために、Lumadaのユースケースとデジタルプラットフォームが活用でき、変革の旅が加速する起点として、お客さまに新たなデータの洞察をもたらすことができるのです。

画像2: グローバルロジック社のDX事例

Chip-to-Cloudのデジタルエンジニアリングの変革力を示すもう1つの素晴らしい事例が、『HILTI』との協創です。私たちのサービスを利用することで、『HILTI』はそれまでの工具の製造販売だけでなく、建設用工具のサービス提供にビジネスモデルを変革し、全く新しい収益源や収益化モデルを構築しました。

その過程でユーザーエクスペリエンスを向上させることができ、現在、63カ国で14,000社の法人と30万人のユーザーが、65の言語でこのプラットフォームを利用しています。

私たちは、社会イノベーション事業にデジタルエンジニアリングをもたらす日立の旅に参加できることを非常に嬉しく思います。

私たちはともに、Lumadaのポートフォリオを拡大し、お客さまが次世代のデジタルプラットフォームを推進することを支援します。

日立ヴァンタラ社と協力して、お客さまが新しいLumadaソリューションを共同開発し、それを日立ヴァンタラ社のデータドリブン型インフラストラクチャーで実行することで、お客さまのデジタル価値の進化を加速させます。

私たちは日立の「社会イノベーション事業」と「POWERING GOOD」を一緒に実現していきます。(第3回へつづく)

「第3回:日立ヴァンタラ社CEO ガジェン・カンディア HSIF2021講演」はこちら>

画像: 「Lumadaのグローバル展開の加速」~グローバルDXパートナーに向けて~
【第2回】グローバルロジック社 プレジデント&CEO シャシャンク・サマント HSIF2021講演

シャシャンク・サマント Shashank Samant
2008年グローバルロジック社に入社。以降、スタートアップ企業と協力する優秀なソフトウェアエンジニアのチームだったグローバルロジック社を、Fortune1000企業のデジタル化を支援するグローバルデジタルエンジニアリングサービスリーダーへと変革。プレジデント&CEOとして、グローバルロジック社の規模、リーチ、収益の爆発的な成長を牽引。その一方で、革新と顧客の成功に情熱を注ぐ熱心な従業員を育む強い評判と文化を醸成する。

グローバルロジック社入社前は、Ness Technologies社の社長を務め、製品エンジニアリングサービス事業を設立および構築し、2004年にNASDAQ取引所でIPOを成功させた。Ness Technologies社の前は、Hewlett-Packard/Verifone事業部門の製品エンジニアリングのリーダーおよびPoint of Sale(POS)および決済テクノロジーのリーダーを歴任。 HP社の前は、IBM社の最初のインドベースのソフトウェアエンジニアリングラボの設立に尽力し、IBM社のR&Dとソフトウェアエンジニアリングのグローバル化を支援。リテールバンキングを変えるFlexCubeバンキング製品を開発したコアチームの一員として、Citicorp社でキャリアをスタートした。

現在は、グローバルロジック社で経営幹部として活動するとともに、米国に拠点を置く100億ドルの上場小売リーダーであるOfficeDepot社の取締役会のメンバーも務める。

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.