「第1回:『無敗の男』中村喜四郎」はこちら>
「第2回:ピラミッドvsフルフラット。」はこちら>
「第3回:超絶ハンズオン。」はこちら>
「第4回:コンセプトは『党より人』。」はこちら>

※本記事は、2021年3月5日時点で書かれた内容となっています。

これまでの話で、中村喜四郎という政治家の戦略になぜ僕がしびれたのかおわかりいただけたと思います。彼の目的は「選挙に勝つ」、その一点に絞りこまれている。明確な勝利条件の定義は優れた戦略の条件です。そのうえで、「党より人」というコンセプトを核に、人がやれないこと、やろうと思わないことをシンプルにひたすらやり続ける。腰が抜けるほど非合理に見える活動を継続することで、他との決定的な「違い」をつくる。

喜四郎の戦略ストーリーは、「急がば回れ」の極地です。やっていることはものすごい「どぶ板」なのですが、その背後にはなぜそれで勝てるのか、なぜ他者ができないのかというシンプルにして強固なロジックがある。「論理的どぶ板戦略」です。

ただし、です。一歩引いて考えると、これは果たして「政治家」なのかという疑問が出てきます。政治家ではなく単なる「選挙家」なのではないか。「選挙運動ばかりで国会で何にもやっていない」という批判はけっこうあるようです。もっとも、彼自身が「プラスアルファの時間で国会の仕事をしている」と公言しています。喜四郎に言わせれば、「必死に選挙運動をやらない政治家はプロではない」。なぜなら選挙で当選しない人間は政治家にはなれない。まずは選挙で勝たなければどうしようもない。これが喜四郎一流のロジックです。

興味深いことに、この数年、中村喜四郎は長年の沈黙を破って政治家として動き出しています。彼は、これまでずっと無所属できましたが、現在は立憲民主党に所属しています。現在の喜四郎は自民党に対抗できる勢力をつくることを明確な目標として掲げています。

自分がかつて所属していた自民党は、あまりに劣化した。なぜここまで劣化したのかといえば、政治に緊張感がなくなっているからだ。それもこれも対抗できる野党がないから。野党が対抗するためには、まずは選挙で勝たなければどうしようもない。日本の政治を良くするために、対抗できる野党を結集し、野党議員を増やすしかない。そこに選挙に強い自分の出番があるという考えのようです。

喜四郎は全野党の接着剤となることを意図して、共産党の党大会でも大演説をしています。共産党の問題点を喜四郎節でガンガン言いまくるのですが、それでも共産党員の聴衆から大拍手をもらう。さすがとしか言いようがありません。自分の残された政治生命を、野党を結集し、日本の政治に緊張感を取り戻すことに懸ける。半世紀の間「選挙家」だった喜四郎が、ここにきてついに「政治家」に変身するのかもしれません。

彼に言わせれば、今の野党の戦い方はまるでアマチュア。政治のことも国民のこともまったく分かっていない。自民党に対する論戦も子どものけんかのレベルで話にならない。自分たちがやってることが正しいと思っているだけでは、結果が出ないのは当たり前。だからきちんと野党が結集して、まずは選挙に勝つことだ――。

喜四郎は徹底したリアリストです。「次の選挙で野党が勝つ」なんていう絵空事は言いません。10年がかりで少しずつ選挙で勝って自民党を追い詰めていくという戦略です。その挙句に仮に野党が政権を取れなくても、自民党を追い詰めていけば、自民党もまともになるというのが彼の考えです。そのために、自分は野党を結集する役割を担う。これは実効性のあるビジョンだと僕は思います。

10年がかりで選挙で勝つためには、まずは知事選が大切になる。4年間で47戦ある知事選を勝つ。15勝32敗でいい。野党が勝てるのは、大都市が中心になる。そこで15勝すれば、有権者の40%を押さえられる。そうなれば自民党に脅威を与えることができる。選挙のプロならではのリアリズムに裏打ちされたストーリーです。

政治でもビジネスでも共通しているのは「競争優位は一日にして成らず」。成功の背後には、人が真似できない(というか、真似したくない)戦略のストーリーがあります。それを地道に実行し続けることで、累積的競争優位が実現する。賛否両論あると思いますが、中村喜四郎氏が戦略家として特異なセンスと能力を持っていることは間違いありません。プロフェッショナルのひとつのモデルとして、『無敗の男』は大いに勉強になりました。ご関心の向きはぜひお読みください。

画像: しびれる戦略 無敗の男篇-その5
競争優位は一日にしてならず。

楠木 建

一橋ビジネススクール教授
1964年東京生まれ。幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、一橋大学商学部助教授、一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授、2010年より現職。

著書に『逆・タイムマシン経営論』(2020,日経BP社)、『室内生活 スローで過剰な読書論』(2019、晶文社)、『すべては「好き嫌い」から始まる』(2019、文藝春秋)、『「好き嫌い」と才能』(2016、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則』(2016、ダイヤモンド社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『経営センスの論理』(2013、新潮新書)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)などがある。

楠木教授からのお知らせ

思うところありまして、僕の考えや意見を読者の方々に直接お伝えするクローズドな場、「楠木建の頭の中」を開設いたしました。仕事や生活の中で経験したこと・見聞きしたことから考えたことごとを配信し、読者の方々ともやり取りするコミュニティです。
この10年ほどTwitterを使ってきて、以下の3点について不便を感じていました。

・140字しか書けない
・オープンな場なので、仕事や生活経験の具体的な中身については書きにくい
・考えごとや主張をツイートすると、不特定多数の人から筋違いの攻撃を受ける

「楠木建の頭の中」は僕のTwitterの拡張版というか裏バージョンです。もう少し長く書ける「拡張版」があれば1の問題は解決しますし、クローズドな場に限定すれば2と3の不都合を気にせずに話ができます。加えて、この場であればお読みいただく方々に質問やコメントをいただき、やりとりするのも容易になります。
不定期ですが、メンバーの方々と直接話をする機会も持ちたいと思います。
ビジネスや経営に限らず、人間の世の中について考えることに興味関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。DMM社のプラットフォーム(月額500円)を使っています。

お申し込みはこちらまで
https://lounge.dmm.com/detail/2069/

ご参加をお待ちしております。

楠木健の頭の中

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.