「第1回:オーラの正体。」はこちら>
「第2回:カラフルな人。」はこちら>

「オーラ」とはちょっと違うのですが、会った瞬間にわかること、感じることってありますよね。例えば、「この人は、仕事ができる」というのが、会った瞬間にわかる。実際にそれは当たっていることが多くて、この辺が人間の感覚の性能にはすごいものがあると思わされるところです。

あえて言語的に表現すると、それは「圧」です。迫力というか、とにかく「圧」があるという言葉がしっくりくるんですね。僕の知っている人でいうと、新浪剛史さん(※1)。重力とか素粒子とかが動いているというように、物理的な現象が起きているはずもないのですが、これは何なのかといつも思います。

(※1)新浪剛史(にいなみたけし):1959年~日本の実業家。サントリーホールディングス代表取締役社長、元株式会社ローソン取締役社長兼CEO及び会長。

永守重信さん(※2)にお会いした時にも、やはり強い「圧」を感じました。新浪さんや永守さんは陽性の「圧」です。ミスミの経営を長くやっていらした三枝匡さん(※3)にも強烈な「圧」を感じましたが、それはどちらかというと静かな「圧」なんです。「圧」にもタイプがありそうです。

とりわけ「圧」を強く感じるのが、1対1になった時。おそらく経営者のような勝負の世界で生きている人が放つ気迫をこちらが「圧」として感じるのかもしれません。僕はスポーツ選手にはあまりお会いすることがありませんが、お会いするとたぶん経営者とは異なる「圧」を感じるような気がします。これが、戦国時代の人だったら、いままでに感じたことのない「圧」が来るのかもしれません。

(※2)永守 重信(ながもり しげのぶ):1994年8月28日~ 日本の経営者。日本電産株式会社創業者。
(※3)三枝匡(さえぐさ ただし):1994年~ 日本の実業家、事業再生専門家。元ミスミグループ本社代表取締役社長。一橋大学大学院経営管理研究科客員教授。内閣府参与役も務めた。

もちろん経営者もいろいろで、大変な名声をお持ちの経営者でも、「圧」を感じさせない人は大勢います。意外に思うかもしれませんが、ファーストリテイリングの柳井さんは、はじめからまったく「圧」のない人でした。非常に厳しい方ですが、二人になっても「圧」は感じません。むしろ親しみを覚えます。最初の印象は、ものすごく“声がいい”ということでした。引き込まれるような声です。初対面から今に至るまで、柳井さんの声には惚れ惚れとします。

僕の仕事の分野の学者には、あまり勝負と関係のない世界なのか、「圧」を感じる人は少ないという印象です。マイケル・ポーター先生のような本当の大御所でも、「圧」はないですね。僕の大好きな経営学者で、独自の人にして大御所のヘンリー・ミンツバーグ先生(※4)も、会ってみると「圧」がないチャーミングなおじさんでした。野中郁次郎先生(※5)、あれほど「圧」のない人も珍しいくらいです。淡々飄々としていらっしゃる。

(※4)ヘンリー・ミンツバーグ:1939年9月2日~ カナダのマギル大学デソーテル経営大学院のクレゴーン記念教授。1994年に著した論文・書籍『The Rise and Fall of Strategic Planning』で現代経営学の戦略論を批判した。
(※5)野中郁次郎(のなか いくじろう):1935年5月10日~ 日本の経営学者。一橋大学名誉教授、カリフォルニア大学バークレー校特別名誉教授、日本学士院会員。

一橋大学で僕が働きはじめた時、偶然に同期入社だったのが中谷巌さん(※6)でした。中谷さんは当時からもちろんマクロ経済学者の大御所で、僕も中谷さんの『入門マクロ経済学』で勉強したクチです。その前は大阪大学の副学長で、若い頃から総理大臣のアドバイザーをしていたような中谷さんですから、僕にとってはひたすらに目上の偉い人です。

(※6)中谷 巌(なかたに いわお)1942年1月22日~ 日本の経済学者。専門はマクロ経済学。三菱UFJリサーチ&コンサルティング理事長、多摩大学名誉学長、一橋大学名誉教授。

で、一橋大学に就職して、研究室に引っ越しをするのですが、中谷さんも同じ日に引っ越しなので、本を運んだり本棚に本を入れるのをお手伝いしました。先生の引っ越しをひと通り終えて、さてと、と自分の引っ越しをはじめようとしたら、中谷さんが、いっしょになって僕の本を運んでくれるんです。あの中谷巌先生が……と驚きました。とても親切な方で、まったく「圧」は感じませんでした。以来、ずいぶんと親しくさせていただきました。数十年経ってから中谷さんに、「あのとき引っ越しを手伝ってもらって、偉い先生なのにずいぶん親切で、最初から距離を感じなかったんですよ」と当時の印象を振り返ったら、「俺はずいぶん生意気な奴だと思ったよ」言われましたが。

学者で唯一強烈な「圧」を感じる例外は、僕の大先輩の経営学者、伊丹敬之さん(※7)なんです。伊丹先生には僕も学生時代に教わりましたが、この人だけには自分が教師になった後も「圧」を感じました。特に二人で会う時には、伊丹さんから押し寄せてくる「圧」が強くてちょっとやりにくいんです。サシで話をするときは、「ここは法治国家だし、いきなりぶん殴られるわけでもないから大丈夫」と自分に言い聞かせていました。

(※7)伊丹 敬之(いたみ ひろゆき): 1945年3月16日~ 日本の経営学者。国際大学学長、一橋大学名誉教授、元組織学会会長。

それが相性なのか、伊丹さんのパーソナリティーなのかはわかりませんが、十分に親しくさせてもらっていて、こちらも生意気な口をきいている関係なのに、いつも不思議な緊張感がありました。そのうちにこの「圧」が面白くなってきて、「何なんだろう、これ」って思いながら伊丹さんとサシで話をするのが楽しみになってきました。ずいぶん、伊丹さんにはイジメられましたが、あの「圧」に何とも言えない味わいがあって、むしろエンジョイしていました。しばらく前、久しぶりに伊丹さんとサシで昼食をご一緒する機会がありました。相変わらずの「圧」が懐かしく、これまでずいぶんお世話になったものだと思い知らされました。

画像: オーラの向こう側-その3
「圧」がある人。

楠木 建

一橋ビジネススクール教授
1964年東京生まれ。幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、一橋大学商学部助教授、一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授、2010年より現職。
著書に『室内生活 スローで過剰な読書論』(2019、晶文社)、『すべては「好き嫌い」から始まる』(2019、文藝春秋)、『「好き嫌い」と才能』(2016、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則』(2016、ダイヤモンド社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『経営センスの論理』(2013、新潮新書)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)などがある。

「第4回:『オーラ』と『オラオラ』」はこちら>

楠木教授からのお知らせ

思うところありまして、僕の考えや意見を読者の方々に直接お伝えするクローズドな場、「楠木建の頭の中」を開設いたしました。仕事や生活の中で経験したこと・見聞きしたことから考えたことごとを配信し、読者の方々ともやり取りするコミュニティです。
この10年ほどTwitterを使ってきて、以下の3点について不便を感じていました。

・140字しか書けない
・オープンな場なので、仕事や生活経験の具体的な中身については書きにくい
・考えごとや主張をツイートすると、不特定多数の人から筋違いの攻撃を受ける

「楠木建の頭の中」は僕のTwitterの拡張版というか裏バージョンです。もう少し長く書ける「拡張版」があれば1の問題は解決しますし、クローズドな場に限定すれば2と3の不都合を気にせずに話ができます。加えて、この場であればお読みいただく方々に質問やコメントをいただき、やりとりするのも容易になります。
不定期ですが、メンバーの方々と直接話をする機会も持ちたいと思います。
ビジネスや経営に限らず、人間の世の中について考えることに興味関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。DMM社のプラットフォーム(月額500円)を使っています。

お申し込みはこちらまで
https://lounge.dmm.com/detail/2069/

ご参加をお待ちしております。

楠木健の頭の中

シリーズ紹介

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

新たな企業経営のかたち

SDGs、人工知能(AI)、デザイン思考、ブロックチェーンなど、経営戦略に関わるホットイシューについて、斯界の第一人者に聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

This article is a sponsored article by
''.