「第1回:『白い巨塔』と『黒い巨塔』」はこちら>

大学院時代にいろいろな経営の理論やモデルを勉強したときに、これは面白い考え方だと思ったのがアメリカの心理学者ハーズバーグ(※)の『二要因理論』です。もう60年も前の古典的なモチベーション理論なので、ご存知の方は少ないかもしれません。僕はモチベーション理論のようなミクロ組織論にはあまり関心がありませんでしたが、ハーズバーグのロジックの面白さには感心しました。

(※)フレデリック・ハーズバーグ 1923年4月8日~2000年1月19日 アメリカの臨床心理学者。ケース・ウェスタン・リザーブ大学で心理学教授、ユタ大学で経営学教授を歴任した。モチベーションの上昇と低下について、「動機付け要因」と「衛生要因」からなる『二要因理論』を提唱した。

二要因とは何か。ひとつは人間の幸福や満足を促進する「動機付け要因」です。もうひとつは人間の不幸や不満足を少なくする要因で、彼はこれを「衛生要因」と名づけています。このふたつの要因が相互に独立の関係にある、すなわち「別物」だというのが『二要因理論』の骨子です。

「満足」を例に説明をしますと、「満足」の反対にあるのは「不満足」ではない。それは「満足」がないということであって、「没満足」であるとハーズバーグは言うのです。

彼はエンジニアや経理担当者を実際に調査した時に、人間が満足する要因は、人に信頼されるとか、その仕事自体に価値を感じられるといったことにあると気づき、これを「動機付け要因」と位置づけました。つまり、これを大きくすればするほど、人間は満足する。当たり前のことです。

一方で、給料とか、勤務先の環境とか対人関係とか作業条件とか、仕事の不満にかかわること、これが「衛生要因」です。どういうことかと言いますと、給料が上がったり、昇進したりといったことは、「不満足」をなくしても、「満足」にはつながらない。それを極大化していっても「没不満足」という状態になるだけで、決して人間の「満足」にはつながらないということなんです。「衛生要因」は職務「満足」をもたらさない「不満足」を予防することしかできない、こういうロジックです。

これまで一次元上の両極にあると思われていた「満足」と「不満」がまったくの別物、別次元であるということで、当時この主張は注目されました。「君は今の仕事が不満か。それなら給料を上げよう。昇進させよう」では、何の問題解決にもならないわけです。実務上の報酬システムの設計にも影響を与えた古典的な理論なのですが、人間の幸福というのは本当にそういうものだとつくづく思います。

人は「幸福になる」ということと、「不幸を解消する」ということを混同しがちです。そういう思考だと、不幸になる要因をどんどん排除していけば幸せになるのですが、そんなことはありません。その先にあるのはただの「没不幸」なんです。

例えば、僕を例に嫌なことを挙げてみますと、上司がいたり、上司に評価をされたりするのが嫌です。部下を持って彼らを動かすのはもっと嫌です。強い利害がある仕事が嫌です。もう少し日常的な行為で言うと、テレビを見るのが嫌です。会議とかも嫌です。走るのが嫌で、せわしなく急ぐのが嫌です。パーティーが嫌ですといったように、嫌なことはいくらでもリストアップできます。嫌なことをするのは「不幸」だから、何とかしてそれから逃れたり、解消しようとする。でもそれは「幸福」をもたらさないんですね。

特に経験の少ない若い頃は、好きなことより嫌いなことの方が理解しやすいので、僕も何が好きかはわからないけれども、嫌なことはやめておこうと考えて大学院に行くことにしました。それは確かにひとつの強力な理屈なのですが、「没不幸」の役には立っても、「幸福」につながっているわけではない。

悪い上司に当たったから不幸だと考えて、そういう上司のいない企業に転職しようとしても、そこにあるのは「幸福」ではなく「没不幸」だということ、これは肝に銘じておくべきだと思います。

画像: 幸福について-その2
『二要因理論』の面白さ。

楠木 建

一橋ビジネススクール教授
1964年東京生まれ。幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、一橋大学商学部助教授、一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授、2010年より現職。
著書に『室内生活 スローで過剰な読書論』(2019、晶文社)、『すべては「好き嫌い」から始まる』(2019、文藝春秋)、『「好き嫌い」と才能』(2016、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則』(2016、ダイヤモンド社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『経営センスの論理』(2013、新潮新書)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)などがある。

「第3回:他責うっぷん晴らし。」はこちら>

楠木教授からのお知らせ

思うところありまして、僕の考えや意見を読者の方々に直接お伝えするクローズドな場、「楠木建の頭の中」を開設いたしました。仕事や生活の中で経験したこと・見聞きしたことから考えたことごとを配信し、読者の方々ともやり取りするコミュニティです。
この10年ほどTwitterを使ってきて、以下の3点について不便を感じていました。

・140字しか書けない
・オープンな場なので、仕事や生活経験の具体的な中身については書きにくい
・考えごとや主張をツイートすると、不特定多数の人から筋違いの攻撃を受ける

「楠木建の頭の中」は僕のTwitterの拡張版というか裏バージョンです。もう少し長く書ける「拡張版」があれば1の問題は解決しますし、クローズドな場に限定すれば2と3の不都合を気にせずに話ができます。加えて、この場であればお読みいただく方々に質問やコメントをいただき、やりとりするのも容易になります。
不定期ですが、メンバーの方々と直接話をする機会も持ちたいと思います。
ビジネスや経営に限らず、人間の世の中について考えることに興味関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。DMM社のプラットフォーム(月額500円)を使っています。

お申し込みはこちらまで
https://lounge.dmm.com/detail/2069/

ご参加をお待ちしております。

楠木健の頭の中

シリーズ紹介

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

新たな企業経営のかたち

SDGs、人工知能(AI)、デザイン思考、ブロックチェーンなど、経営戦略に関わるホットイシューについて、斯界の第一人者に聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

This article is a sponsored article by
''.