znug design 根津孝太氏/日立製作所 研究開発グループ 中垣亮・山岡士朗
2022年2月22日、日立の研究開発グループは、ウェビナー「モビリティ “Moving into the Future City”」を配信。そのなかから、「誰が為(たがため)のパーソナルモビリティ?」と題して行われた鼎談の様子を4回にわたってお届けする。ゲストは、モビリティやロボットの開発に携わるなど、工業デザインの第一線に立ち続けるznug designの根津孝太氏。日立の研究開発グループからは、自動運転制御を専門とする中垣亮、インホイールモーターを研究する山岡士朗が参加した。

「第1回:『身体拡張』としてのモビリティ」
「第2回:人間のパートナーとしてのモビリティ」はこちら>
「第3回:モビリティの安全保障」はこちら>
「第4回:新しい技術がもたらす、パーソナルモビリティの可能性」はこちら>

デザイン、自動運転制御、モーターの視点からモビリティを捉える

丸山
今回のテーマは、自動車やバイクよりも小回りが利き、手軽な移動に適している主に1人乗りの車両、パーソナルモビリティです。近年、新たなパーソナルモビリティが続々と生まれていますが、それは果たしてだれのためのものであり、社会に対してどんな価値を生み出すのか。乗り物と人間との関係性はどう変わるのか。クリアすべき技術上の課題は何か。デザイン、自動運転制御、モーターの各専門家の視点から、パーソナルモビリティのこれからについて語っていただきます。

画像: 左から、ナビゲーターの日立 丸山幸伸、znug designの根津孝太氏、茨城県にある日立の研究開発拠点からリモートで参加した中垣亮、山岡士朗。

左から、ナビゲーターの日立 丸山幸伸、znug designの根津孝太氏、茨城県にある日立の研究開発拠点からリモートで参加した中垣亮、山岡士朗。

ゲストは、znug design(ツナグデザイン)の根津孝太さん。工業製品の分野におけるトップデザイナーであり、グッドデザイン賞のモビリティユニットの審査員も務めていらっしゃいます。

根津
お招きいただきありがとうございます。工業デザイナーの根津です。わたしはトヨタ自動車に10年ほど勤めたあと、2005年に独立しました。超小型モビリティや電動バイクのほか、「LOVOT」という家族型ロボットなど、乗り物を中心にしながらもいろいろなプロダクトのデザインに携わっています。今日はよろしくお願いします。

丸山
日立の研究開発グループからは、茨城県日立市の拠点にいる中垣亮と山岡士朗の2人にリモートで参加してもらいます。

中垣
制御・ロボティクスイノベーションセンタ長の中垣と申します。わたしは自動運転制御と自動化技術を研究しています。人が乗る移動体やビジネスの現場で働く移動体が、自律的に動いたり、人間からの指示を受けて正しく動いたりと、モノが賢く動く世界の実現をめざして研究に取り組んでいます。また、工場や工事現場における危険な作業を人間に代わって実行できるロボットの開発にも携わっています。今日はお話しできるのをとても楽しみにしておりました。

山岡
電動化イノベーションセンタ長の山岡と申します。わたしは、モビリティのモーターやインバーター(※)をはじめとする電動化システムの研究開発を管掌しています。また、家電を通じて人々の生活にイノベーションを起こすことをめざした研究プロジェクトも進めています。これまでは省エネなどの視点で研究開発に取り組んできたのですが、どうすれば社会に対して新しい価値を生み出せるかという視点で近年は議論を深めているので、今日はそのヒントをいただければと思います。

※ 直流電流を交流電流に変換する装置。

自動車デザインのフォーマットを取り払う

丸山
それでは1つめのトピック、「身体拡張」に参ります。都市では、バックグラウンドの異なる多様な人々が日々交錯しています。それぞれが快適に暮らしていくうえで、外に出て人と出会い、つながるために、自身の身体を拡張する存在としての乗り物の価値があるのではないかという論点があります。根津さん、いかがでしょうか。

根津
トヨタに勤めていた時期にわたしがコンセプト開発リーダーを務めた、1人乗りの電動式モビリティ「i-unit」が、まさに身体拡張をテーマに開発したものでした。

そもそも、わたしは自動車というものはフォーマットが厳密に決まり過ぎているのではないかという思いを持っていました。今の子どもたちに「車の絵を描いてください」と言うと、たいていミニバンを描きますが、わたしが若い頃はセダンを描く人がほとんどでした。それだけ、世代ごとに自動車のフォーマットが浸透しているということなのですが、果たして本当にそれでよいのか。都市での生活、あるいは農村での生活をイメージしたときに、それぞれのコミュニティに適したモビリティの形があるのではないか。一度、自動車の既存のフォーマットを取り払って、モビリティのデザインを再構築する必要があるのではないかと考えました。その1つの方向性が、身体の拡張です。つまり、「もっと身体に近いところから」モビリティを捉え直そうとしました。

画像: 根津孝太氏

根津孝太氏

i-unitの場合、乗車している状態でも車外の人と1対1のコミュニケーションが成り立つよう、「乗る」のではなく車体を「着る」感覚で乗車できることをめざしました。例えば、低速時には歩行者の視線に合うよう車高を高くして走行することも可能にしました。

よく、ハンドルを握ると性格が荒々しくなってしまう人がいます。そういう人はおそらく、まるで壁に囲われているような感覚で運転しているため、車外の人々と車内にいる自分とを完全に分断して捉えているのではないでしょうか。そうではなく、i-unitでは乗車したままでもコミュニティに参加できる状態をめざしました。(第2回へつづく)

「第2回:人間のパートナーとしてのモビリティ」はこちら>

画像1: 誰が為のパーソナルモビリティ?
【その1】「身体拡張」としてのモビリティ

根津孝太(ねづ こうた)
クリエイティブコミュニケーター、デザイナー。1969年、東京生まれ。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。トヨタ自動車入社後、愛・地球博『i-unit』コンセプト開発リーダーなどを務める。2005年、有限会社znug designを設立。多くの工業製品のコンセプト企画とデザインを手がけ、ものづくり企業の創造活動の活性化にも貢献。「町工場から世界へ」を掲げた電動バイク『zecOO』、やわらかい布製超小型モビリティ『rimOnO』などのプロジェクトを推進する一方、GROOVE X『LOVOT』、トヨタ自動車コンセプトカー『Camatte』『Setsuna』など多数のプロダクトの開発も手がける。2014~2021年度 グッドデザイン賞審査委員。GROOVE X 株式会社 Chief Creative Officer、ヤマハ発動機株式会社 デザインアドバイザー、hide kasuga & Partners。著書に『アイデアは敵の中にある』(中央公論新社)、『カーデザインは未来を描く』(PLANETS)。

画像2: 誰が為のパーソナルモビリティ?
【その1】「身体拡張」としてのモビリティ

中垣亮(なかがき りょう)
日立製作所 研究開発グループ 制御・ロボティクスイノベーションセンタ長。日立製作所に入社後、コンピュータビジョンを活用した自動外観検査技術の開発に従事。2000~2001年に米国ノースウェスタン大学にて画像・映像情報の復元技術の研究に従事。2010~2012年には(株)日立ハイテクに出向し、半導体製造向け欠陥レビュー装置の大手半導体メーカとの協創活動をリード。その後、技術戦略及び経営戦略企画の業務経験を積み、生産イノベーションセンタ、機械イノベーションセンタ長を歴任し、2021年より現職。モビリティやインダストリ(製造・流通業)のオートメーションに関わる研究マネジメントに従事。

画像3: 誰が為のパーソナルモビリティ?
【その1】「身体拡張」としてのモビリティ

山岡士朗(やまおか しろう)
日立製作所 研究開発グループ 電動化イノベーションセンタ長。1999年、慶応義塾大学理工学研究科修士課程修了後、日立製作所に入社。日立研究所にて、自動車用エンジンシステムはじめとするモビリティのパワートレイン制御システムなどの研究開発に従事。2009年から日立ヨーロッパにて、大学との共同研究や鉄道プロジェクトに参画。帰国後、工場での製品量産立ち上げ責任者、自動運転システムやソフトウェアアーキテクチャなどの研究部長を経て、2021年より現職。自動車技術会 優秀講演発表賞(2005年)、同浅原学術奨励賞(2006年)など受賞、JSAEプロフェッショナルエンジニア認定(2009年)。博士(工学)。

画像4: 誰が為のパーソナルモビリティ?
【その1】「身体拡張」としてのモビリティ

ナビゲーター 丸山幸伸(まるやま ゆきのぶ)
日立製作所 研究開発グループ 東京社会イノベーションセンタ 主管デザイン長。日立製作所に入社後、プロダクトデザインを担当。2001年に日立ヒューマンインタラクションラボ(HHIL)、2010年にビジョンデザイン研究の分野を立ち上げ、2016年に英国オフィス Experience Design Lab.ラボ長。帰国後はロボット・AI、デジタルシティのサービスデザインを経て、日立グローバルライフソリューションズ㈱に出向しビジョン駆動型商品開発戦略の導入をリード。デザイン方法論開発、人材教育にも従事。2020年より現職。

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.