認定NPO法人サービスグラント 事務局スタッフ 栗原彩乃氏 / 津田詩織氏
日立の情報通信部門が2016年度から実施しているサステナビリティ推進活動「企業プロボノ」に、各関係者の視点から光を当てる。最終回では、日立が企業プロボノの運営を委託している認定NPO法人サービスグラントを取材。2021年度の認定NPO法人スマイルオブキッズへの支援プロジェクトに伴走した栗原彩乃氏と、日立の企業プロボノを初年度から担当してきた津田詩織氏にご登場いただき、プロボノ経験者でもあるお二人が感じるプロボノの魅力を語っていただいた。

「第1回:サステナビリティ推進活動の担当者は、コロナ禍をどう乗り越えたのか」はこちら>
「第2回:NPOと向き合った、日立社員の2カ月半」はこちら>
「第3回:プロボノ支援が、NPOにもたらすもの」はこちら>
「第4回:プロボノに伴走する理由」

プロボノをマッチングし、プロジェクトをサポートする

認定NPO法人サービスグラントは、プロボノ支援を必要としている非営利団体と、プロボノに取り組みたい企業人や社員向けの施策としてプロボノを実施したい企業とをマッチングし、さらにプロボノそのものの進行をサポートすることで、非営利団体の活動を支援している。日本におけるプロボノの草分け的存在だ。

「プロボノでは、まず団体が抱える課題の整理と、スコープ(具体化・言語化された支援ニーズ)を設定します。その上で、支援チームの皆さんにオリエンテーションを行い、プロジェクトがスタートします。支援チームの皆さんにお伝えしたのが、企業とNPOとの考え方の違いです。企業では利益や売上が成果とされますが、NPOの場合は、その活動によって受益者がどう変化したかが成果であり、スタッフの方々のモチベーションになっています」

画像: サービスグラント 栗原彩乃氏

サービスグラント 栗原彩乃氏

そう語るのは、サービスグラントの栗原彩乃氏。2021年度の日立の企業プロボノで、認定NPO法人スマイルオブキッズへの支援プロジェクトに伴走した。プロジェクトを円滑に進めるため、ときにはフォローに入ることもあるが、基本的には支援チームと団体とのやりとりを見守る。あくまでも「パーティーのホストのような立場」だという。

「スコープの解釈や作業内容の絞り込み、団体に提案する資料のまとめ方などで支援チームの皆さんに迷いが見られたときに、ご相談に乗るというスタンスです。また、『支援チームの皆さん、とても心を尽くしてプロジェクトに取り組んでいますよ』と団体に進捗状況をお伝えするなど、信頼関係の架け橋になれるよう努めています」(栗原氏)

支援チームに生じた迷いと、ブレなかった姿勢

第2回でも触れたが、スマイルオブキッズへのプロボノ支援で日立の三塚大貴・池永絵里・兼子佑樹・川平清香の4人をまず悩ませたのが、団体が抱える課題の整理だった。栗原氏が振り返る。

「スマイルオブキッズが当初プロボノに求めていたのは『利用者データベースの要件定義』であり、背景には『団体の活動実績を明確化し、寄付などの支援を得ることにつなげたい』という課題がありました。ところが最初に団体に行ったヒアリングで、実はその課題意識があまり明確なものではないことがわかり、どういう方針で要件定義をしていけばよいのか、チームの皆さんに迷いが生じていました。

それでも皆さんが素晴らしかったのは、その後、団体が自覚していなかったさまざまな課題を引き出し、整理したうえで、オンライン化に向けたデータベースの定義を提案してくださったことです。さらに、集めた利用者データを今後どのように活用すれば団体の未来につながるかを考え、支援を集めるために必要なPR資料や、業務フローの改善も提案していただき、職員の方々にもとても喜んでいただきました。

チームの皆さんがいつも接している企業とは違うNPOの活動とその熱意に触れ、リラのいえを利用するご家族やきょうだい児の皆さんのご苦労への理解がいっそう深まったこと。さらに、最初に提示された『データベースの要件定義』というご要望にとらわれることなく、本当に団体のためになることは何かを考える姿勢を、4人が貫いたこと。だからこそ、職員の方々の思いに最後まで寄り添った支援ができたのではと思います」

チームにリーダーを置かない理由

日立の企業プロボノでは例年、チームにリーダーを置かない。「チームの皆さんにそれぞれのリーダーシップを発揮していただくのがねらいです」。そう語るのは、2016年度から日立の企業プロボノを担当し、2021年度の運営を取りまとめたサービスグラントの津田詩織氏だ。そもそもスマイルオブキッズと日立をマッチングした理由を、津田氏はこう明かす。

「今回スマイルオブキッズが抱えていたITシステムの課題は、まさに日立の社員の皆さんが得意とする領域ですし、皆さんの力を活かせば2カ月半で完結できる支援内容だと判断しました。また、これまで日立の企業プロボノに携わるなかで、お子さんを支援する活動のような、未来をつくっていくことをテーマに活動している団体への関心がとても高いと感じたのも理由の1つでした」

画像: サービスグラント 津田詩織氏

サービスグラント 津田詩織氏

2020年度に続き、プロジェクトにおけるミーティングは基本的にオンラインで行われた。対面形式のように気軽に雑談がしづらいなどのデメリットはあったものの、オンラインのメリットも見逃せないと津田氏は指摘する。

「30分や1時間といった短いミーティングを定期的に行い、時間をコンパクトに区切って対話の機会を多く持てるようになったことで、プロジェクトがスムーズに進みました。また、地方にお住まいの方やご家庭に小さいお子さんがいる方など、コロナ禍以前には参加しづらかった方の参加が増えてきました」

なお、参加者が企業プロボノの作業に費やした時間は、1週間あたり4~5時間。「限られた時間ながら、スマイルオブキッズチームの例のようにクオリティの高い成果を出していただくことができたことからも、無理なく参加できるように設計されています」(津田氏)

経験者だからこそ伝えたい、プロボノの魅力

栗原氏も津田氏もかつては企業に所属し、個人としてプロボノに参加した経験を持っている。なかでも栗原氏は、2021年春にサービスグラントの一員となったばかりだ。

「社会のしくみを知りたいという思いから2カ月間のプロボノに参加したのですが、短い期間ながらもNPOのなかにぐっと入り込むことで視野が広がり、ニュースの解釈の仕方や街で見かける光景、捉え方が変わったことが転機となりました。プロボノをもっと世の中に広げていけたらという思いで、サービスグラントに入職しました。

プロボノを支える立場として、参加者の皆さんが社会課題に触れて刺激を受けている様子を見るとうれしいですし、支援チームの方々が頑張って取り組んだことが団体に喜ばれて、その先にいる人たちの役に立っているという一連のつながりを目にできるのは幸せなことです」

一方の津田氏は、もともと研修事業を行う会社で営業を担当していた。しかし、「研修を受けた人たちに、その後どんなポジティブな変化が起きたのかがつかめない」というジレンマを抱えていた。

「初めてプロボノに参加したときに、人の成長につながる活動でもあり、NPOの課題を解決し、その先の社会の課題解決にもつながっていくというしくみに大きな魅力を感じました。自分のすべての時間を何かポジティブな変化を起こすために使えたら素敵なことだと考え、サービスグラントに入りました」

6年前から日立の企業プロボノを見てきた津田氏。その魅力とは何なのか、最後に聞いた。

「特にわたしが素敵だと思うのは、日立のサステナビリティ施策で掲げられている『B to B to C to S』という言葉です。B to Bの先にある顧客、さらにその先にある社会を知る。社会貢献にとどまらず、社会起点での将来のビジネスのための学びや視点を、プロボノを通じて得る。そういった狙いを企業が明確に言葉にして、社員の皆さんに伝えている姿が素晴らしい。将来的な投資としてプロボノを続けてくださる企業が増えることで、世の中がポジティブに変化していくと信じています」

サービスグラントでは、プロボノを「大人の社会科見学」とも表現する。プロボノを通じて社会課題に触れ、本業では得られない気づきを得ることで、社会に対する感度が高まる。それが、「社会に貢献したい」という思いに火をつけるとともに、社会の変化への対応力を身につけることにもつながる。社員のサステナビリティマインドを養うきっかけづくりとして 、企業がプロボノを導入する意義は大きい。

画像1: 続・社員と社会をつなぐ「プロボノ」
【第4回】プロボノに伴走する理由

津田詩織(つだ・しおり)
認定NPO法人サービスグラント 事務局スタッフ。前職では企業の人材育成支援を行う企業で営業に従事。 2010年に認定NPO法人サービスグラントにて、プロボノワーカーとしてプロジェクトに参加。その後2度目のプロジェクト経験を経て、2014年サービスグラントに入職。企業・行政との協働プロジェクトの運営などを担当している。

画像2: 続・社員と社会をつなぐ「プロボノ」
【第4回】プロボノに伴走する理由

栗原彩乃(くりはら・あやの)
認定NPO法人サービスグラント 事務局スタッフ。前職では、老舗日系ホテル、出版社にてウエディング関連雑誌の制作全般や新卒採用支援イベントの企画・運営にも携わった。2020年、認定NPO法人サービスグラントにてプロボノワーカーとしてプロジェクトに参加し、2021年にサービスグラント入職。企業・行政との協働プロジェクトの運営や広報などを担当している。

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.