株式会社 日立製作所 三塚大貴 / 池永絵里 / 兼子佑樹 / 川平清香
日立の情報通信部門が2016年度から実施しているサステナビリティ推進活動「企業プロボノ」。NPOをはじめとする公益団体の活動を、社員が本業のスキルを活かし支援するというものだ。2021年度は14人の社員が参加し、2カ月半かけて3団体を支援した。その中から、認定NPO法人スマイルオブキッズを支援したプロジェクトをピックアップ。支援チームの4人のメンバーに取材し、プロボノ体験を語ってもらった。

「第1回:サステナビリティ推進活動の担当者は、コロナ禍をどう乗り越えたのか」はこちら>
「第2回:NPOと向き合った、日立社員の2カ月半」
「第3回:プロボノ支援が、NPOにもたらすもの」はこちら>
「第4回:プロボノに伴走する理由」はこちら>

「オンラインデータベース化への抵抗感」という難題

横浜市で活動する認定NPO法人スマイルオブキッズは、近接する神奈川県立こども医療センターで難病の治療を受ける患者と、その家族が滞在するための施設「リラのいえ」を運営している。また、病気や障害を抱える子どもの兄弟姉妹を意味する「きょうだい児」の保育も行っている。2021年度に日立が実施した企業プロボノでは三塚大貴、池永絵里、川平清香、兼子佑樹の4人がチームを組み、9月中旬から2カ月半にわたって支援を行った。

当初、彼らに依頼されたのは、利用者情報のデータベースの要件定義。スマイルオブキッズではそれまで、リラのいえやきょうだい児保育の利用者の情報を、主に紙で管理していた。そのため、利用の予約があった際に、初めての利用者なのかどうかがすぐにわからず、都度、紙の記録を掘り起こさなくてはならなかった。また、利用者の満足度や利用実績を外部に説明できる資料がなかった。団体の活動をより多くの人に知ってもらい、支援を集めて事業をさらに広げていくために、説明資料は不可欠だ。その根拠を整理するため、また業務を効率化するためにも、利用者情報のオンラインデータベース化は急務だった。

支援チームがスマイルオブキッズに対して最初に行ったのが、職員に対するヒアリングを通じ、団体が抱える課題を整理することだ。チームメンバーの1人で、金融業界の顧客先に常駐するシステムエンジニアの三塚大貴が振り返る。

「そもそもなぜオンラインデータベース化が必要なのか、団体側で課題を明確に把握しきれていない部分があったので、その背景を掘り下げていきました。すると、それまでは感謝のお手紙をいただくなど利用者からのリアクションはあったものの、それをデータとして整理できていなかったこと、具体的な改善要望をいただく機会が設けられていなかったことなどの課題が見えてきました」

画像: 日立 三塚大貴

日立 三塚大貴

ヒアリングを重ねる中で、もう1つ見えてきたことがある。データ化を推進する職員がいる一方で、データ化に不安を覚える職員も少なからずいたことだ。三塚らはデータ化の必要性を客観的な資料をもとに説明し、一旦は了承を得た。しかし、10月に団体に対して行った中間提案に対するリアクションは懐疑的なものだった。

「ボランティアスタッフの方々は年齢層がさまざまで、パソコンでのデータ登録作業への苦手意識のある方もいらっしゃいました。また、オンライン上に利用者情報がアップされることに対し、セキュリティ面を危惧されていました。このまま提案をブラッシュアップしても、本当に団体の役に立てるのだろうか? 自分たちが支援すべきことは何だろうか? もう一度そこに立ち返って提案を検討し直し、さらに深く職員の方々との対話を重ねました」(三塚)

三塚たちは、オンラインデータベースを導入した場合・しなかった場合のメリットとデメリットを比較表にして説明するなど、何度も打ち合わせを重ねた。最終的には、懸念を示していた職員にもその必要性を納得していただけたという。さらに、今回整理した利用者情報をどのように活用すれば団体の未来につながるかを考え、もともとの依頼事項にはなかった、団体の活動の認知を目的としたPR資料や具体的な業務改善に活用できるデータも整理。12月初旬のプロジェクト最終日に、オンラインデータベースのテーブル構成案とその運用フローとともにスマイルオブキッズに納品した。

さらに、将来にわたる段階的な改善プランも提案した。まず、ステップ1として、今回4人が提案したデータベースや業務フローを職員の方々が運用する。ステップ2では、運用で上手くいかなかった点を改善し、必要に応じて収集すべきデータを追加する。ステップ3として、これまで電話で行ってきた利用予約をWeb化するほか、利用者アンケートを拡充する。そしてステップ4で、スマイルオブキッズならではの強みを整理し、PR資料として公開・活用していくという内容だ。

プロボノにも活きた、仕事の経験とスキル

彼らが本業で培ったスキルや知見、経験はプロボノにどう活かされたのか。アプリケーションサービスを開発する部署で社員の人財育成を担当している川平清香は、こう振り返る。

「普段の業務で社員研修のアンケートを作成している経験が、ヒアリングの一環として行った利用者へのアンケートに役立ちました。アンケートを通じて滞在施設や保育に対する満足度、具体的な改善点のほか、どのくらいの頻度で何日間利用しているのかなど、それまで団体が取得できていなかったデータも併せて収集できました」

画像: 日立 川平清香

日立 川平清香

エンジニアとして通信分野のWeb構築を経験し、プロボノでは主にデータベースの要件定義を担当した兼子佑樹は次のように語る。

「お客さまの要望を引き出して整理し、本当の課題がどこにあるかを見つけ出す。その課題を解決するための技術要素を探し出して組み合わせ、システムを構成する。この普段の業務での経験が、利用者情報をデータ化する目的の整理や、支援者に団体の活動を知っていただくためにPRすべき情報の整理といった作業に活かせたと思います」

画像: 日立 兼子佑樹

日立 兼子佑樹

成果物のストーリーラインを主に描いたのは、AI関連サービスを取りまとめている池永絵里だ。

「お客さまには、現状のシステム運用の実態や課題を聞き出して、その解決策やシステムの将来像、段階的な改善プランなどを言語化してお伝えする機会が多く、今回のプロボノでも団体の中長期的な事業の拡大を見据えたご提案を行えました」

一方、普段の仕事との違いで苦心したこともある。窓口担当者としてスマイルオブキッズとやりとりすることの多かった三塚は、こう語る。

「ビジネスではすでにお客さまとの共通認識があるので、すぐ本質に踏み込んだお話ができます。ところがNPOと企業ではバックグラウンドが異なるので、職員の方々とお話ししていてもわからないことばかり。少しでも団体の背景を理解するために、プロジェクトと関係のない雑談の機会も大切にするよう心掛けました」

プロボノで4人が得た、新たな視点

本業と並行しながらの2カ月半。「集中して支援を行うには適切な期間だった」と4人は口をそろえる。また、同じ日立の情報通信部門とはいえ、部署も職種も異なるメンバーが初めて顔を合わせて、しかもオンラインでプロジェクトが進行したわけだが、違和感は生まれなかった。「やはり同じ日立の社員だからでしょうか、コミュニケーションコスト(※)が低く、チームビルディングには思ったより苦労しませんでした」(池永)

※意思疎通に要する時間と労力。

今回のプロボノで経験したことをそれぞれの本業にどう活かしていくのか聞いた。

「暗黙の役割分担はあったのですが、だれかが忙しいときには必ずほかのメンバーがその人に代わって自発的に作業に取り組み、しかも一人ひとりが得意な分野で力を発揮できたので、チームとして止まることはありませんでした。チームビルディングの際に、メンバーの強みや興味関心がどこにあるのか意識することの重要性を学びました。今後もチームで業務に取り組む際に活かしていこうと思います」(川平)

「団体とのやりとりにしてもチームビルディングにしても、相手への先入観を持たずにコミュニケーションをとっていくことの大切さを改めて学びました。また、常に受益者を第一に考えるNPOの方々の熱量に接し、B to Bのさらに先にある社会を見据えてビジネスの価値を生み出そうと改めて思いました」(池永)

「ご提示いただいた要件に対してシステムを提案するのではなく、まずは本音を引き出して相手が抱える課題を明らかにできた経験が、今後の仕事でも活きてくると思います。また、リモート環境という制限の中で具体的な成果物をイメージし、共有することの大切さを痛感しましたし、これからの仕事でも意識していこうと思います」(兼子)

三塚は、熟考の末にこう答えた。

「相手にとってそもそも何がうれしいのかを常に考え、プロジェクトを進めていきたい。それに尽きると思います」(三塚)

次回は、4人が支援した認定NPO法人スマイルオブキッズに話を聞く。(第3回へつづく)

「第3回:プロボノ支援が、NPOにもたらすもの」はこちら>

画像1: 続・社員と社会をつなぐ「プロボノ」
【第2回】NPOと向き合った、日立社員の2カ月半

三塚大貴(みつか・だいき)
株式会社 日立製作所 金融第二システム事業部 金融システム第二本部 第四部 第2G 企画員
システムエンジニアとして顧客企業に常駐し、基盤システムの開発や保守、プロジェクト管理などを担当している。

画像2: 続・社員と社会をつなぐ「プロボノ」
【第2回】NPOと向き合った、日立社員の2カ月半

池永絵里(いけなが・えり)
株式会社 日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部 IoT・クラウドサービス事業部 データマネジメント本部 基盤ソフトウェア部 第8G 主任技師(課長)
主に製造業向けのAI関連サービスの取りまとめや拡販、顧客提案などに従事している。

画像3: 続・社員と社会をつなぐ「プロボノ」
【第2回】NPOと向き合った、日立社員の2カ月半

川平清香(かわひら・さやか)
株式会社 日立製作所 アプリケーションサービス事業部 事業企画部 人財育成計画G 企画員
アプリケーションサービス開発の領域における社員の人財育成を担当している。

画像4: 続・社員と社会をつなぐ「プロボノ」
【第2回】NPOと向き合った、日立社員の2カ月半

兼子佑樹(かねこ・ゆうき)
社会システム事業部 社会・通信ソリューション本部 イノベーションソリューション第四部 第1G 技師(主任)
システムエンジニアとして、主に通信会社のコールセンターや代理店のWebシステム構築に従事している。

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.