今回のテーマは、「ディープインパクト」です。人間が生活していると、外界からの刺激にさらされて、いろいろなものが入ってきます。それで心が動くとか、注意を注ぐとか、反応するということが日々あります。その中で「インパクト」というのは、何かが来た結果で自分自身に変化が生じる。イメージで言うと、何かが当たったときに、単にそれが当たっただけではなく、その結果としてこちらの形が変わってしまうとか、どこかがくぼんだとか、ひびが入ったとか、そういう影響のことです。まれにではありますが、「ディープインパクト」というべき強い影響を受け、自分の思考や行動や路線が大きく変わることがあります。

自分の経験からこのディープインパクトを考えてみますと、大学と大学院のときの指導教官が榊原清則先生という方で、この先生のインパクトには相当ディープなものがありました。そもそも会社に勤めないで生きていくとしたらどんな道があるのか、大学生の頃なんてお店屋さんとかしか思いつかなかったときに、榊原先生が「だったら学者になるのもいいんじゃないの?」という思いもよらないオプションを示してくださいました。これが今の自分につながっています。榊原先生がいなければ、僕は決して今の商売には就いていなかったと思います。

当時は35か36歳ぐらいと榊原先生も若かった。パッションに溢れたすごく熱い方で、もう学生に対しても全力で向かっていく。ゼミが終わった後、決まって先生は学生と飲みに行くんです。学校の近くの居酒屋みたいないつも決まった店でした。1次会終わって遅くなっても、2次会に行って、3次会はラーメンを食べに行く。もうみんな先生と話したくてたまらない。指導は極めて厳しいのですが、そういう魅力にあふれた先生でした。

榊原先生のゼミは人気が高く、志望者のほうがゼミの定員よりも多いのが常でしたから、面接をして選びます。小さなゼミの部屋の前の廊下にゼミに入りたい人が並んで、順番に呼び込まれて面接するのですが、部屋から出てくるやつ出てくるやつ、みんな泣いているんです。なんでみんな泣きながら出てくるのかというと、要するに面接でとっちめられてくるんです。まだ子どもでナイーブなので、ガツンと言われると動揺してしまって、泣いて出てくる。順番を待っていた僕は、これは大変なことになったぞ……と思いました。

厳しい先生ですが、ゼミは知的に楽しいもので、少しでも先生から吸収したいという気持ちにみんなが自然となっていきました。そろそろ卒業でどうしようという時期に、先生に「あなたね、あなたが会社になんか入ったら、不幸で口が曲がっちゃうよ」と言われました。学生に対して、向いている向いていないというようなことをビシッと話される先生に、そう言われまして、そんなに不幸になるなら大学院もありなのかなと思いました。

そして大学院に入ると、これがまた本当に厳しい。途中で辞めてしまう人もいるくらい、真剣に一人ひとりの大学院生に正面から構えて指導していただきました。僕が言うのもなんですけど、恐らく経営学者の輩出という意味では一番の研究室だったのではないかなと思います。例えば、イノベーションの経営学的研究で、本当に優れた仕事をしている一橋大学の青島矢一教授は、学部の榊原ゼミの時から同級生なんです。いつも厳しく先生に言われて、青島君とお互いに傷をなめ合いながら大学院時代を過ごしました。

もう論文を書いても何をやっても、「駄目だね」「0点だね」って言うんです。「0点だね。まったく面白くない」と言われたとき、この分析方法は間違っているからこっちの方法にしなさいというアドバイスがあれば、次はこうやってというようにアクションが起こせるのですが、「面白くない」と言われると、面白いとはどういうことかを考えざるを得ないですよね。そういう直撃弾を浴びながら当時考えた経験は、ディープインパクトとして今でも僕の基盤になって残っています。

それと、知的活動の源泉というのは“批判”であるということ、既にあるものをそうじゃないだろうと考える。すべての言説や主張は、“批判”から生まれるということも先生から教わりました。

先日先生が70歳になられて、お祝いにゼミのOBが集まりました。みんな普段からそんなに頻繁に会っているわけではないし、それなりに忙しい人たちだったりするのですが、ものすごい出席率でした。やっぱりそういうことなんだと、改めて思いました。順番に当時の榊原ゼミの思い出を話していくのですが、「なんで先生はあんなに言い切れたのかな」とか、冗談めかして「あれで人生を間違えた」とか言う人もいました。

いやもう榊原先生は強烈な人でした。その後しばらく経って自分が大学生をゼミで指導するようになってみると、このことをますます痛感しました。先生の吸引力はワンアンドオンリーのものであったことを改めて知りました。

画像: ディープインパクト-その1
大学教授 榊原清則。

楠木 建

一橋ビジネススクール教授
1964年東京生まれ。幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、一橋大学商学部助教授、一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授、2010年より現職。
著書に『室内生活 スローで過剰な読書論』(2019、晶文社)、『すべては「好き嫌い」から始まる』(2019、文藝春秋)、『「好き嫌い」と才能』(2016、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則』(2016、ダイヤモンド社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『経営センスの論理』(2013、新潮新書)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)などがある。

「第2回:プロデューサー 井原高忠。」はこちら>

楠木教授からのお知らせ

思うところありまして、僕の考えや意見を読者の方々に直接お伝えするクローズドな場、「楠木建の頭の中」を開設いたしました。仕事や生活の中で経験したこと・見聞きしたことから考えたことごとを配信し、読者の方々ともやり取りするコミュニティです。
この10年ほどTwitterを使ってきて、以下の3点について不便を感じていました。

・140字しか書けない
・オープンな場なので、仕事や生活経験の具体的な中身については書きにくい
・考えごとや主張をツイートすると、不特定多数の人から筋違いの攻撃を受ける

「楠木建の頭の中」は僕のTwitterの拡張版というか裏バージョンです。もう少し長く書ける「拡張版」があれば1の問題は解決しますし、クローズドな場に限定すれば2と3の不都合を気にせずに話ができます。加えて、この場であればお読みいただく方々に質問やコメントをいただき、やりとりするのも容易になります。
不定期ですが、メンバーの方々と直接話をする機会も持ちたいと思います。
ビジネスや経営に限らず、人間の世の中について考えることに興味関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。DMM社のプラットフォーム(月額500円)を使っています。

お申し込みはこちらまで
https://lounge.dmm.com/detail/2069/

ご参加をお待ちしております。

楠木健の頭の中

シリーズ紹介

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

新たな企業経営のかたち

SDGs、人工知能(AI)、デザイン思考、ブロックチェーンなど、経営戦略に関わるホットイシューについて、斯界の第一人者に聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

This article is a sponsored article by
''.