女優、歌手 ナタリー・エモンズ氏/株式会社日立製作所 理事 システム&サービスビジネス統括 本部CSO 松原康範
来日し、初めて身を置いたのは人情の町、大阪。物怖じせず、積極的に周囲とコミュニケーションをとることで、日本語を学んだというナタリー・エモンズさん。ナタリーさんに文化を越えたコミュニケーションの取り方についてお話を伺いました。

「第1回:日本文化への思い」はこちら>

積極的なコミュニケーションで広がる輪

松原
ナタリーさんは、まず大阪のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の舞台に出演するために来日されたと聞きました。日本に来る前に日本語を勉強されて来たのですか。

ナタリー
いえ、日本に来てから覚えました。ほんとうは、きちんと日本語を勉強したいのですが、まだその機会がありません。

松原
アメリカでは、わりとストレートにものを言いますが、日本では遠まわしな表現も多いでしょう。もっと極端に言うと、お天気の話をしていても、本当に伝えたいことは別のことだったりします。言葉と本当に伝えたいことが違っているような日本のコミュニケーションの取り方は、難しくありませんでしたか。

ナタリー
その点は、最初に大阪に住んだのが良かったと思います。大阪では、割合はっきりと言うでしょう? 私も、日本に来る前に日本の人はシャイとか、おとなしいとか聞いていました。でも、大阪では、電車の中で知らない人にも声を掛けたりします。ですから、「日本の人、ちっともシャイじゃないですね」と思いました。

松原
なるほど、日本でも地域によって、コミュニケーションの取り方がかなり違うかもしれませんね。

ナタリー
もっとも大阪に来たばかりの頃は、日本語が全然できなかったので、周りの人たちとコミュニケーションを取るのが難しかったです。それでも、自分の考えていることを少しでもきちんと伝えようと思い、言葉で表現できないところはジェスチャーを交えて、コミュニケーションを取りました。

松原
そういう積極性が、コミュニケーションを取るうえでは大切なのでしょうね。いま日立は世界中で事業を展開していて、従業員は約30万人に上りますが、そのうちの半数近くが海外の人です。ですから、海外の人とのコミュニケーションが大切になっています。私自身は英語での会話が得意ではないので、そういう海外の人とのコミュニケーションの場に行った時に、気後れしてしまって、十分に話せなかったりすることがあります。積極性を持っていかないといけないとは思いますが、とても難しいと感じています。

ナタリー
私は学生の頃から、グループの中で積極的にコミュニケーションを取れない人がいると気になる性格でした。それで、あまり話をしていない人がいると、その人のところに行って、話しかけてみるのです。アメリカにいた時に友だちになった日本人の留学生は、まだあまり英語をたくさん話せなかった様子でしたので、もっと一緒に話をしたいと思って話しかけました。友だちをつくるにしても、コミュニケーションがとても大事ですよね。

画像: 積極的なコミュニケーションで広がる輪

「にんげんだもの」間違えて良いんだ

松原
先ほど、日本語は学校で習ったわけではないとおっしゃっていましたが、どのように覚えたのですか。

ナタリー
もともとは友だちと話したり、ドラマを見たりして覚えたのですが、その時は、男言葉と女言葉の区別も知らなくて、たまに間違って覚えていました。

松原
確かに日本語には、英語にはないような男女による言葉の使い分けがありますね。でも、今話していても、正確に使い分けができています。

ナタリー
そうですか。でも、怒ったりすると、使い分けを間違えますね、まだ。

松原
もっとも、今では日本の若い人たちの間でも、男女の言葉の使い分けが、それほど厳格に守られなくなってきました。私などの世代からすると、守るべきものは守った方がいいと感じますが。ナタリーさんが、日本語のコミュニケーションで気をつけている点は、何かありますか。

ナタリー
私はけっこう物事をはっきりと言う方なのですが、先ほど松原さんも言われたように、日本ではあまりストレートに言っても、失礼になる場合がありますね。アメリカなどでは、冗談を交えてみんながストレートに言い合います。日本で同じようにした場合、冗談だということが日本の人に伝わらないと、ものすごく礼儀に反したことになってしまうでしょう。最初の頃は、そこのところを気にかけていました。それで、テレビのレポートなどでも控えめにしていたら、周りの人が「もう少し話した方がいいよ」と言ってくれました。その後、「日本遺産」の番組で栃木県の足利に行った時に、相田みつをさんの「にんげんだもの」という言葉を教えてもらって、「あ、間違えてもいいんだ」ととても安心することができました。外国人だから少しくらい間違っても大丈夫と、周りの日本の人たちはみんな思ってくれています。それなら、自分らしさを見せた方がいいんだと、思えるようになりましたね。でも、日本の文化も人も、とても尊敬しているので、その気持ちが伝わるように気をつけています。 

松原
そういうふうに相手に対する尊敬の気持ちを持ちながら、積極的にコミュニケーションを取る努力が必要だということですね。最初は言葉が通じなくても、積極的にコミュニケーションを取りながら、だんだんと理解し合っていくことが一番重要なことでしょう。

ナタリー
言葉や文化が違っていても、どこの国の人も同じなんだと気づいた体験がありました。大阪に来たばかりの頃、電車に乗ったら、私の左隣に座っていた男の人が居眠りをしていて、空いたほうの席に私が移ったのです。そうしたら、居眠りをしていた男の人は、それまで私が座っていて空席になったところに、どーんと横倒しに……。まるでコメディ映画を観ているようで、ついつい笑ってしまって……そうしたら、それを見ていた周りの人もみんな笑いをこらえていたようで、私が笑ったらみんな噴き出してしまったんです(笑)。その瞬間に、言葉は違っていても、みんな面白いことは面白いと、同じように感じるんだと気がつきました。それで、自分は日本にいても一人じゃなくて、みんなと一緒にいるんだと感じることができました。

松原
それは、とても大事な気づきですね。言葉や文化の違いがあっても、人と人は共感できるし、そういう共感を基盤にしてコミュニケーションが成り立っていくのだと思います。

ナタリー
みんなと通じ合えたと感じたその瞬間を、ショートムービーで表現してみたいと思いました。

画像: 「にんげんだもの」間違えて良いんだ
画像1: 心から認め合えば文化の違いを超えた絆が生まれる
【第2回】異文化コミュニケーションの肝

ナタリー・エモンズ

アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ出身。2010~2013年 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでシンガー、ダンサー、MCとして活動、1日4,000人以上が鑑賞に訪れるショー『ユニバーサル・レインボー・サーカス』ではリングマスター役(主役)を演じ、数々の賞を受賞。その後、ジブリ映画のテーマ曲をカバーした動画がYahoo! JAPANに掲載されるなど話題となる。NHKワールドの歌番組"We Love Japanese Songs"では司会も務めた。現在、毎週日曜放映の「じょんのび日本遺産」(TBS)ほか、多数のテレビCM、TV番組に出演。シンガーソングライターとしても活動中。

画像2: 心から認め合えば文化の違いを超えた絆が生まれる
【第2回】異文化コミュニケーションの肝

松原康範(まつばら・やすのり)

1984年 株式会社 日立製作所入社、2005年 営業企画本部 企画部 担当部長、2009年 情報・通信グループ 金融システム営業統括本部 ビジネス企画本部長、2012年 営業統括本部 営業企画本部長、2016年 ICT事業統括本部 経営戦略統括本部長、2017年 システム&サービスビジネス統括本部 経営戦略統括本部長、2018年 理事/システム&サービスビジネス統括本部CSO

「第3回:アーティストのまなざしで日米の架け橋に」はこちら>

シリーズ紹介

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋大学ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

新たな企業経営のかたち

SDGs、人工知能(AI)、デザイン思考、ブロックチェーンなど、経営戦略に関わるホットイシューについて、斯界の第一人者に聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

This article is a sponsored article by
''.