加速度的に時代が変化する今、自らの知的感度を高め、知識をアップデートしていくことは欠かせません。かといって、トレンドや対処法、ハウツーばかりに目を奪われてしまい、いつまでも翻弄される側から抜け出せない。そんなジレンマに悩むリーダーも多いのではないでしょうか。リーダーとして時代を生き抜くうえで肝心な「足元」は常に危うく、すぐに築けるものでもありません。

そんな中、再び注目を集めているのが、「リベラルアーツ」です。日本語では「教養」と訳されることが多いのですが、本来意味するところは「“自由”になるための“手段”」に他なりません。己を縛り付ける固定観念や常識から解き放たれ、“自らに由(よ)って”考えながら、すなわち、自分自身の価値基準を持って動いていかなければ、新しい時代の価値は創り出せない。そんな時代を私たちは生きています。

このシリーズでは、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」』をはじめ、多くのベストセラーで知られる山口周氏をナビゲーターに迎え、哲学、歴史、美術、文学等の「知の達人」たちとともに、人類に蓄積された知を現代に照らし合わせて再考し、多様な視点を自らの体内に取り込んでいきます。

HowからWhatへ――。

リーダーとして何をしていくべきか、何をしたいのか。

自ら考えて行動するための気づきや糧を一緒に蓄えていきたいと思います。

画像: 山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」について

山口 周(やまぐち しゅう)
1970年東京都生まれ。独立研究者・著作家・パブリックスピーカー。電通、BCGなどで戦略策定、文化政策立案、組織開発等に従事した後、独立。著書に『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 』、『武器になる哲学』など。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院美學美術史学専攻終了。神奈川県葉山町に在住。

シリーズ紹介

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋大学ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

新たな企業経営のかたち

SDGs、人工知能(AI)、デザイン思考、ブロックチェーンなど、経営戦略に関わるホットイシューについて、斯界の第一人者に聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

This article is a sponsored article by
''.