Hitachi
お問い合わせお問い合わせ
日立製作所 加治 慶光 EXILE/EXILE THE SECOND 橘 ケンチ氏 日立製作所 馬島 知恵 澤 円
2024年2月29日、『デジタルの力が導く日本の未来 ~共にめざすSociety 5.0』をテーマに日立製作所主催のイベントを開催した。ゲストは、EXILE/EXILE THE SECONDのパフォーマーとして、また所属するLDH JAPANのSocial Innovation Officerとして活躍されている橘ケンチ氏。Lumada Innovation Hub Senior Principalの加治慶光の進行のもと、日立製作所 執行役常務 馬島知恵、Lumada Innovation Evangelistの澤円の4名で行われたトークセッション。イベント採録の第2回は、ビジネスとしての地域創生について議論が交わされた。

「第1回:LDHの地域創生」はこちら>
「第2回:ビジネスとしての地域創生」

ビジネスへのスケールアップ

加治
ケンチさん、ありがとうございました。LDHが地域創生といかに本気で取り組まれているのかが理解できるプレゼンテーションでした。ディスカッションに入る前に、私の方から質問させてください。最初は日本酒へのご興味から地域に目を向けられたケンチさんは、現在はSocial Innovation Officerでいらっしゃるわけなんですが、個人的な関心からLDHという企業レベルのビジネスに発展していく過程では、どんな意識の変化がありましたか。

画像1: ビジネスへのスケールアップ


最初に日本酒にはまった時は、ひとつの酒蔵さんに通ってそこにある少人数のコミュニティに加えていただき、いろいろな話をしながらこういうことがしたいですねといった夢を語り合っていました。それから関わる酒蔵さんの数や、知りあう人が増えていくと、例えばこの県でやったことと、あそこの県でやったことがうまく連携できると面白いかもしれないと思うことが多くなってきたのです。語り合っていた夢を、プロジェクトとしてスケール感を持たせて実現したくなってきました。

画像2: ビジネスへのスケールアップ

その時に個人のプロジェクトだと限界があるので、LDHという組織の中でひとつのポジションとして任せてもらえれば、会社のリソースも使えるようになりますし、いろいろな方々にも協力していただけるようになります。何よりLDHというエンターテインメントの会社が、社会貢献や地域創生というものに本気で取り組んでいきますという姿勢を示すことができます。僕はそこにやりがいを感じていて、「それならもっとこういうことができるかもしれない」というアイデアを会社に持ち帰り、いろんな社員に相談しながらLDHの活動としてこういうことやりましょうという提案をしていく。個人の興味からスケールアップした組織としての取り組みを通じて、人間的にも成長させていただいている、そう感じています。

プレゼンへの共感

加治
馬島さん(日立製作所 執行役常務)、ケンチさんのプレゼンテーションの感想や質問があれば、お願いします。

画像1: プレゼンへの共感

馬島
ケンチさんやLDHさんの素晴らしい取り組みを知ることができ、とても驚かされましたし、とても感銘を受けました。地域創生というアプローチは、地域との関係づくりや継続性などとても難しい面があります。弊社のグループ会社である日立システムズが、宮城県女川町の地域創生に取り組んでいまして、現地に移住をして地元のお祭りのお手伝いをするところから信頼関係を作っていったそうですが、先ほどのケンチさんのお話を伺ってやっぱりそうだと思いました。

こういった地域創生の活動を一過性のものではなく継続させるためには、ビジネスとして成り立たせることが重要だと思います。LDHさんは、例えばひとつの成功事例を横展開するとか、各地で行われていることを一カ所に集めて大きなイベントを組むとか、地域創生や社会貢献をビジネスという方向からどうとらえられているのか、ぜひお伺いしたいです。


地域創生は僕らもまだまだ全然経験が足りなくて、試行錯誤の真っ最中です。僕らがめざしているところは、もちろんボランティアではなく、しっかりとしたビジネスにしていくことにあります。それは僕らの進めているプロジェクトだけで売り上げが立つこともあれば、地域との活動が先にあって、そのあとにLDHの別のアーティストがライブをすることでまちが盛り上がって活性化し、LDHとしてもチケットの売り上げで回収できる場合もあるかもしれません。大きな枠で見たときに、その地域と弊社が両方Win-Winになることが大切です。ただ、今すぐ何でもビジネスにしようとしてもすべてうまくいくわけではないので、本当に少しずつだと思っています。

馬島
ありがとうございます。私たちも試行錯誤の中にいますので、ケンチさんのお話は全く同感です。

加治
澤さんはいかがですか。

画像2: プレゼンへの共感


僕はあるテレビ番組でケンチさんとご一緒させていただいたことで知り合いになりました。その番組は、地域創生をテーマにする内容で、最初は失礼ながら番組の華となるイケメン枠で来ている人だと思っていました。ところが、ケンチさんの地域創生への取り組みがガチだったのです。今のプレゼンではじめて知った活動も多くありましたが、ケンチさんだけでなくLDHが会社として取り組まれていることが非常によく分かりました。

地域創生を本気でビジネスとしてやっていくためには、言葉を選ばずに言うと「人気取り」のためではできないと思います。手間もかかるし時間もかかるし、面倒くさいこともいっぱいやらなければならない。それをこれだけやられていて、本気度をアピールできていることがまず素晴らしいですよね。これだけ本気でやられていると、地域の他の企業もコラボレーションしやすいと思います。ケンチさんもLDHさんも見直しました、というとちょっと上から目線でおまえ何様だと言われそうですが、本当に素晴らしいと思います。


ありがとうございます。

加治
LDHさんの活動を見ていると、有名であること、人気があることをきちっと自分たちの仕組みの中に組み入れて、それを戦略として回しているところがすごく日本のアーティストとして新しい感じがします。中目黒に行くと、中目黒という場所をどれぐらいLDHさんのアーティストたちが愛しているかがわかります。社名に入っているだけあって、愛と夢とハピネスが人の心を動かすということを皆さんとてもよく理解されていて、それをビジネスにつなげる戦略もお持ちです。地域創生も、それを生かした素晴らしい活動だと思いました。

第3回は、5月21日公開予定です。

画像1: デジタルの力が導く日本の未来 ~共にめざすSociety 5.0〜 
【第2回】ビジネスとしての地域創生

橘 ケンチ(Tachibana Kenchi)
2007年に二代目J Soul Brothersのメンバーに抜擢され、2009年にEXILEに加入。EXILE/EXILE THE SECONDのパフォーマーとして活躍する傍ら、ライフワークとして日本酒の魅力を発信。多くの実力派酒蔵や醸造家とコラボを実現している他、2023年SAKEの魅力を網羅した書籍『橘ケンチの日本酒最強バイブル』(宝島社)及び処女小説『パーマネント・ブルー』(文芸春秋)を上梓。2018年13代酒サムライ、2021年福井市食のPR大使に就任。2023年10月より所属するLDH JAPANのSocial Innovation Officerに就任。

画像2: デジタルの力が導く日本の未来 ~共にめざすSociety 5.0〜 
【第2回】ビジネスとしての地域創生

馬島 知恵(Mashima Chie)
1989年、日立製作所入社。2018年、社会ビジネスユニット 公共システム営業統括本部 営業統括本部長。2019年、理事/日立オーストラリア社 社長。2023年4月、執行役常務 営業統括本部副統括本部長 兼 デジタルシステム&サービス担当 CMO兼 社会イノベーション事業統括本部長。

画像3: デジタルの力が導く日本の未来 ~共にめざすSociety 5.0〜 
【第2回】ビジネスとしての地域創生

澤 円(Sawa Madoka)
株式会社日立製作所 Lumada Innovation Evangelist。株式会社圓窓 代表取締役。元・日本マイクロソフト株式会社業務執行役員。武蔵野大学 専任教員。SBテクノロジー株式会社 社外取締役。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年に大手外資系IT企業に転職。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEへ。最新のITテクノロジーに関する情報発信の役割を担う。2006年よりマネジメントに職掌を転換し、ピープルマネジメントを行う。

画像4: デジタルの力が導く日本の未来 ~共にめざすSociety 5.0〜 
【第2回】ビジネスとしての地域創生

加治 慶光(Kaji Yoshimitsu)
株式会社 日立製作所 Lumada Innovation Hub Senior Principal。シナモンAI 会長兼チーフ・サステナビリティ・デベロプメント・オフィサー(CSDO)、鎌倉市スマートシティ推進参与。青山学院大学経済学部を卒業後、富士銀行、広告会社を経てケロッグ経営大学院MBAを修了。日本コカ・コーラ、タイム・ワーナー、ソニー・ピクチャーズ、日産自動車、オリンピック・パラリンピック招致委員会などを経て首相官邸国際広報室へ。その後アクセンチュアにてブランディング、イノベーション、働き方改革、SDGs、地方拡張などを担当後、現職。2016年Slush Asia Co-CMOも務め日本のスタートアップムーブメントを盛り上げた。

シリーズ紹介

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクール一橋ビジネススクールPDS寄付講座特任教授の楠木建氏の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

This article is a sponsored article by
''.