日立製作所 研究開発グループ 森正勝/日立製作所 Lumada Innovation Hub Senior Principal / シナモンAI 取締役会長 加治慶光
日立製作所 Lumada Innovation Hub Senior Principalを務め、AI関連のスタートアップの会長でもある加治慶光と、日立製作所 研究開発グループの森正勝との対談。その2では、DXを推し進める上で、組織の枠を超えて交流するための“場”の重要性について語った。

「第1回:社会課題の解決に、DXはどう関係するのか?」はこちら>

日本人は「美徳」から一歩踏み出すべし

丸山
今年4月に行われた、ここLumada Innovation Hub Tokyoの開所式で、加治さんは「お客さまやパートナーと協創しながらDXを推し進める上で、『越境して接続する場』が重要になってくるでしょう」というお話をされていました。そこにはどんな思いが込められているのでしょうか。

加治
日本人には「謙譲の美徳」があります。他人を尊重し、お互いの領域に踏み込まない。それは一種の素晴らしい価値ですが、敢えて少しだけ踏み込んでみる。つまり自分の領域から他人の領域へ越境してみて、意見を言い合う。こういった境界の混ざり合いが、協創によるイノベーションを起こすうえでとても重要になると思います。

ここLumada Innovation Hub Tokyoは物理的な空間ですから、リアルにいろいろな組織の人が集まって議論することで、さまざまな化学反応が起こりえます。そして、オンラインでも同じような化学反応が起こりえる。いわば、バーチャルとリアルのクロスロードとしてこの場所が機能すればいいなとの思いから、「越境して接続する場」という表現をさせていただきました。

画像: 日本人は「美徳」から一歩踏み出すべし

わたし自身、日立でのお仕事と並行して、シナモンAIというスタートアップの経営と鎌倉市の支援に携わっています。それぞれの組織の方々と話していて感じるのは、皆さんが同じような発想で同じようなゴールをめざしていることです。SDGsという人類共通の大きな目標ができたことが非常に大きいと思います。このように今、異なるセクターの方々同士がSDGsという共通言語で議論できる状況ができあがってきています。だからこそどんどん越境して、相手へのリスペクトを持ちながら、いろいろな組織の人に接続していく。こういった協創のあり方に、人類の未来につながるヒントがあるのではないでしょうか。

丸山
加治さんご自身が、ある種のバウンダリー・オブジェクト(※)となって協創の場をつくられているという印象を受けます。森さんも研究開発グループという立場で協創の場をマネジメントされていますが、今のお話を伺っていかがでしょう。

※ Boundary Object:組織を区切る境界線(バウンダリー)を越えた行動や、組織間の相互作用を創発する媒介。


越境の話で思い浮かべたのが、トヨタのカイゼン活動です。自分が担当する1工程だけを見るのではなく、その前後の工程も含めて全体を見ながら生産方式を改善していくというものです。これはイノベーションを起こしたり新しいしくみをつくったりするときにも言えることで、専門領域の違いを超えて物事を広い視野で見ないといけない。このように日本人は、謙譲という美徳も備えながら、自分の領域を飛び越えた視点を持つ柔軟さも併せ持っています。そこをもっと活かしていけば、日本からもっと新しいイノベーションが起こせるのではないでしょうか。

イノベーションを起こせるのは、密接な関係よりも「weak ties」


日立の研究開発グループには「協創の森」という施設が東京の国分寺にあり、さまざまな企業や行政の方にお越しいただくことで協創を推し進めています。そこでも、先ほどの加治さんのご指摘のように、「SDGsでも触れられている〇〇〇の問題を解決しましょう」といった感じで、SDGsを共通言語にしてディスカッションされることが多くなってきました。

画像: イノベーションを起こせるのは、密接な関係よりも「weak ties」

第1回のウェビナーで多摩大学大学院教授の紺野登先生が、世の中をよくする大目的と、個人や組織レベルの思いである小目的とを結び付ける中目的=駆動目標の設定がプロジェクトにおいて肝だとおっしゃっていました。まさにSDGsの17目標が、大目的を設定する際の参考になりますし、組織の異なる人々がフィジカルだけでなくリモートでもつながれるようになったことで、駆動目標に共感した人々が集まり、力を合わせてプロジェクトを進めていく。そういったフレームワークがより実践されやすくなっていると感じます。ですから我々としても、協創の場をファシリテートすることで日本を盛り上げていければと思っています。

加治
アメリカの社会学者でイノベーション研究の大家であるマーク・グラノヴェッター氏は、「The strength of weak ties」という概念を提唱しています。つまり、弱いつながりが持つ強み。それは、毎日同じオフィスで働いている同僚や、家族、親友といった密接な関係よりも、単なる知り合い程度のネットワークのほうが、実はイノベーションが生まれる機会につながりやすいという考え方です。Lumada Innovation Hub Tokyoが、この「weak ties」を拡大再生産するような場になることを願っています。

画像1: 問いからはじめるイノベーション-Vol.3 社会のしくみを変えるDXとは。
【その2】なぜ「越境して接続する場」が重要なのか?

加治 慶光(かじ よしみつ)
日立製作所 Lumada Innovation Hub Senior Principal。シナモンAI 取締役会長、 鎌倉市スマートシティ推進参与。青山学院大学経済学部を卒業後、富士銀行、広告会社を経てケロッグ経営大学院MBAを修了。日本コカ・コーラ、タイム・ワーナー、ソニー・ピクチャーズ、日産自動車、オリンピック・パラリンピック招致委員会などを経て首相官邸国際広報室へ。その後アクセンチュアにてブランディング、イノベーション、働き方改革、SDGs、地方拡張などを担当後、現職。2016年Slush Asia Co-CMOも務め日本のスタートアップムーブメントを盛り上げた。

画像2: 問いからはじめるイノベーション-Vol.3 社会のしくみを変えるDXとは。
【その2】なぜ「越境して接続する場」が重要なのか?

森 正勝(もり まさかつ)
日立製作所 研究開発グループ 社会イノベーション協創統括本部 統括本部長。1994年、京都大学大学院工学研究科修士課程を修了後、日立製作所に入社。システム開発研究所にて先端デジタル技術を活用したサービス・ソリューション研究に従事した。2003年から2004年までUniversity of California, San Diego 客員研究員。横浜研究所にて研究戦略立案や生産技術研究を取りまとめたのち、日立ヨーロッパ社CTO 兼欧州R&Dセンタ長を経て、2020年より現職。博士(情報工学)。

画像3: 問いからはじめるイノベーション-Vol.3 社会のしくみを変えるDXとは。
【その2】なぜ「越境して接続する場」が重要なのか?

ナビゲーター 丸山幸伸(まるやま ゆきのぶ)
日立製作所 研究開発グループ 東京社会イノベーションセンタ 主管デザイン長。日立製作所に入社後、プロダクトデザインを担当。2001年に日立ヒューマンインタラクションラボ(HHIL)、2010年にビジョンデザイン研究の分野を立ち上げ、2016年に英国オフィス Experience Design Lab.ラボ長。帰国後はロボット・AI、デジタルシティのサービスデザインを経て、日立グローバルライフソリューションズ㈱に出向しビジョン駆動型商品開発戦略の導入をリード。デザイン方法論開発、人材教育にも従事。2020年より現職。

「第3回:社会イノベーション事業における、DXの役割とは?」はこちら>

新たな協創のカタチ

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

パーパス、CSV、ESG、カスタマーサクセス、M&A、ブロックチェーン、アジャイルなど、経営戦略のキーワードをテーマに取り上げ、第一人者に話を聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.