「未来は歴史の中に」を問い直す

現在のコロナ禍にあって思い浮かぶ一人の人物がいる。長与専斎。「衛生」の語をつくり公衆衛生を学びとり猛威を振るったコレラと格闘した彼の原点は、医者としてすでに一家をなしながらもさらに深く西洋医学を学びたいと熱望して参加した岩倉使節団にある。

日本近代化の起点というべきこの「岩倉使節団」の派遣から、今年がちょうど150年目にあたる。この使節は幕末に徳川将軍が派遣したいくつもの使節とは名実ともにあきらかに違っていた。「将軍の使節」は幕臣の官僚が大副使を占め内容も儀礼的なものが多かった。しかし、この使節はまさに「天皇の使節」であり、右大臣外務卿の岩倉具視が大使、参議の木戸孝允と大蔵卿の大久保利通が副使という、維新革命の原動力となった最も重要な3人が参加していたことにある。そのうえ、次代を担うべき伊藤博文らの若手官僚や団琢磨らの俊英留学生を多数随行させていた。その意気込みは凄く、めざすは西洋文明をまるごと探索して、新国家の青写真を描くことにあった。

この寄稿『岩倉使節団が遺したもの-日本近代化への架け橋』は、明治期以降の富国強兵や殖産興業、教育など近代日本の形成に多大な影響を及ぼした岩倉使節団について、産業史的な観点からその偉業を見つめ直した6回の連載記事となっている。その内容は、閉塞感がただよう現代社会を生きるビジネスリーダーの方々にとっても、多くの示唆を与えてくれると思う。

岩倉使節団の研究者として知られ、この寄稿を執筆していただいたノンフィクション作家の泉三郎氏は次のように話す。

「いま新型コロナウイルスが世界中に暗い影を落としていますが、そればかりではなく現代は異常気象の頻発にみられるように、人間の生存に関わる重大な地球文明的課題に直面しています。我々は持続可能な社会を維持できるのかどうか、という近代史の大きな曲がり角に遭遇しているのです。「迷ったら原点に返れ」とは先人の言葉です。わが日本では社会制度の変革や殖産興業による近代化の起点となった明治創業時に立ち返り、文明そのもののありかたを、その歴史から学び直す必要があると思います。岩倉使節団誕生の背景とその目的を知り、多くの使節団員や随行留学生が何を見て、何を学び、新しい時代を創るためにどのように生きたのかを考えることは、未来への大きな糧になるものと思います」。

※寄稿の第1回から第3回は、すでに日立「Realitas」誌に掲載されたものを、泉三郎氏の許可を得てそれぞれ前編と後編に再構成している。

画像: 寄稿 岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋 連載に寄せて
【プロローグ】いま、なぜ「岩倉使節団」なのか?

泉 三郎(いずみ・さぶろう)

岩倉使節団の研究会 NPO「米欧亜回覧の会」の理事長、ノンフィクション作家。
岩倉使節団を知ったのは、旅の記録『特命全権大使 米欧回覧実記』との出会いだという。志高きサムライたちのこの大旅行に憑かれてしまい、使節の足跡を追って8年かけてメインルートを辿った。その見聞をもとに何冊かの本を書き、1996年には同好の士を集めて「米欧回覧の会」をつくった。さらに研究をすすめ少しでも多くの人に知ってもらうためである。とくに今年からは岩倉使節団派遣150周年になるので、その記念事業としてまだ知られてない使節団のメンバーをはじめ関連する留守政府の人物や海外で出会った人物についても調べ、使節団の全体像を明らかにして各種のメディアを通じて紹介したいと考えている。

画像: 「米欧亜回覧の会」結成20周年を記念し、2019年に発刊された『岩倉使節団の群像 日本近代化のパイオニア』(ミネルヴァ書房)、『堂々たる日本人 知られざる岩倉使節団』(祥伝社黄金文庫)ほか著書多数。

「米欧亜回覧の会」結成20周年を記念し、2019年に発刊された『岩倉使節団の群像 日本近代化のパイオニア』(ミネルヴァ書房)、『堂々たる日本人 知られざる岩倉使節団』(祥伝社黄金文庫)ほか著書多数。

「第1回:ペリー来航から、岩倉使節団の横浜出帆まで」はこちら>

シリーズ紹介

[特集]ポストコロナの社会とビジネス

破壊の先にある創造へ――。「グレート・リセット」後に求められる社会とビジネスのあり方を、各界の有識者の言葉から探ります。
※グレート・リセット:2021年夏に開催される予定の次回世界経済フォーラム年次総会、通称ダボス会議におけるテーマ

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

協創の森から

社会課題の解決に向けたビジョンの共有を図る研究開発拠点『協創の森』。ここから発信される対話に耳を傾けてください。

新たな企業経営のかたち

SDGs、人工知能(AI)、デザイン思考、ブロックチェーンなど、経営戦略に関わるホットイシューについて、斯界の第一人者に聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

禅のこころ

全生庵七世 平井正修住職に、こころを調え、自己と向き合う『禅のこころ』について話を聞く。

岩倉使節団が遺したもの—日本近代化への懸け橋

明治期に始まる産業振興と文明開化、日本社会の近代化に多大な影響を及ぼした岩倉使節団。産業史的な観点から、いま一度この偉業を見つめ直す。

This article is a sponsored article by
''.