毎週月曜日に配信されている、楠木建の「EFOビジネスレビュー」。その中で載せきれなかった話をご紹介する、アウトテイク。これが、めちゃめちゃ面白いです。

だいたい、「自己革新」とか言っている人を、僕は信用しないようにしているんです。「日々自己革新」って、あなたはいったい誰なんだと。「ゼロベースで変わらなきゃいけない」とか、余程自分の人生や、生活の内実のない人なんじゃないかなって思ってしまいます。

僕は、すごく有能な人で、ある日突然変わった人なんて見たことがないです。成長っていうのはそれぞれあるのでしょうけれど、それは進化とか錬成されていくっていうことで、「自己革新」っていう言葉の意味する方向とはむしろ逆なんじゃないかと思います。大きく変わったとしても、それは長い時間をかけたプロセスの中で変わったのであって、「振り返ってみれば変わっていた」というのが本当のところではないでしょうか。

『Blue Dogs』という、僕が30年ベースを担当しているバンドがあります。リーダーはボーカル兼ギターで、僕の実の弟なので、51年ほど一緒にいるんですけども、もう1人のギターの戸倉君っていう人は、うちの弟の中学からの同級生なんです。4月にライブをやるのですが、「どんな曲やる?」って、セットリストを考えるとき、「これ、中2の時にみんなでやったよね」って。「これが結局一番楽しいよな」ということで、やっぱり今でも演奏して一番楽しいわけです。

最後に弾いたのが高校1年の時だから、覚えているかなと思ってやってみると、結構刷り込まれていてすぐにできたりとか。30年やっていると、それなりに紆余曲折はあっても結局同じところに戻ってくるんです。人間の好き嫌いとか、ほんとうのツボって変わらないなと。同じ曲をやって一番気持ちいいみたいなことが、結果的にルーティンとして残っているんですけど、それはやっぱり人間がほんとうに気持ちいいこととか、好みってそうそうは変わらないということです。「自己革新」とかを考えてしまうメンバーがいないので、Blue Dogsは続いているのだと思います。

Blue Dogsのライブは、自分たちが演奏して楽しい曲を楽しむためにやるものです。常に無人ライブ、すなわち無観客のリスクを抱えています。ラジオで告知しても、SNSで告知しても、客席はガラガラです。ライブハウスにわざわざ足を運んで見に来ていただくというのが、いかにハードルが高いかということを毎回痛感させられます。

画像: 「自己革新」の怪しさ。

楠木 建
一橋大学ビジネススクール教授
1964年東京生まれ。幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、一橋大学商学部助教授、一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授、2010年より現職。
著書に『「好き嫌い」と才能』(2016、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則』(2016、ダイヤモンド社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『経営センスの論理』(2013、新潮新書)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)などがある。

シリーズ紹介

楠木建の「EFOビジネスレビュー」

一橋大学ビジネススクールの楠木教授の思考の一端を、切れ味鋭い論理を、毎週月曜日に配信。

山口周の「経営の足元を築くリベラルアーツ」

山口周氏をナビゲーターに迎え、経営者・リーダーが、自身の価値基準を持つための「リベラルアーツ」について考える。

八尋俊英の「創造者たち」~次世代ビジネスへの視点~

八尋俊英日立コンサルティング社長を導き手とし、新世代のイノベーターをゲストに社会課題の解決策や新たな社会価値のつくり方を探る。

新たな企業経営のかたち

SDGs、人工知能(AI)、デザイン思考、ブロックチェーンなど、経営戦略に関わるホットイシューについて、斯界の第一人者に聞く。

Key Leader's Voice

各界のビジネスリーダーに未来を創造する戦略を聞く。

経営戦略としての「働き方改革」

今後企業が持続的に成長していくために経営戦略として取り組むべき「働き方改革」。その本質に迫る。

ニューリーダーが開拓する新しい未来

新たな価値創造に挑む気鋭のニューリーダーに、その原動力と開拓する新しい未来を聞く。

日本発の経営戦略「J-CSV」の可能性

日本的経営の良さを活かしながら利益を生み出す「J-CSV」。その先進的な取り組みに迫る。

ベンチマーク・ニッポン

日本を元気にするイノベーターの、ビジョンと取り組みに迫る。

デジタル時代のマーケティング戦略

マーケティングにおける「デジタルシフト」を、いかに進めるべきか、第一人者の声や企業事例を紹介する。

私の仕事術

私たちの仕事や働き方の発想を変える、膨らませるヒントに満ちた偉才たちの仕事術を学ぶ。

EFO Salon

さまざまな分野で活躍する方からビジネスや生活における新しい気づきや価値を見出すための話を聞く。

This article is a sponsored article by
''.