「経営者と読書-その3:時空を超える本質。」はこちら >

僕は、ジャンルでいうと個人の評伝っていうのがものすごく好きです。人間を知る上で、こんなにいいものはないと思うんです。

例えば20世紀のロックンロールを創ったエルビス・プレスリー。興味があるので評伝を読むのですが、僕が心がけているのは、同じ対象(この場合はプレスリー)について別の著者が書いたものも読むということ。つまり、「裏をとる」という読書。ある人はものすごく肯定的に書くし、ある人はものすごく否定的に書く。複数の評伝を読むと、エルビス・プレスリーに対する理解が立体的になっていきます。これが、裏をとっていくみたいな感じになって、すごく面白い。ひとつのテーマや人物、出来事について関心があれば、違った角度から書かれた本を読むようにしています。

本を読んでいる時に、知らなかった事象とか、固有名詞はすぐWikipediaで調べます。そうすると、関連する本が紹介されていたりして、それを芋づる式に追っかけていくことで理解が深まっていく。

僕は仕事がこういう仕事なので、論文を読んだり記事を読んだり、もちろん本を読んだり、のべつ何か読んでいますが、それは僕にとってはあくまで仕事なんです。仕事の動機以外で読む本、これが僕にとっての「読書」。だいたい年間300冊ぐらい読むと思います。

300冊というと、「ずいぶん本を読みますね」と言われたりします。人によっては読書を「しなければいけない」こととして計画を立てたり、「今年は何冊読むぞ!」って宣言したりしますが、こういう人はむしろ本を読まないほうがいい。その時点で読書は向いてません。楽しいこととか好きなことであれば計画なんか立てないものです。ほっといてもどんどん上振れるんです。

ちょっと話はそれるんですが、僕はシュークリームが大好きで。シュークリームって、昔だと高かったのが、今は割と大きなシュークリームが1個100円ぐらいで買えるようになりました。これが僕はものすごくうれしくて。今までだったらあんまり頻繁に食べられなかったのが、もうシュークリーム5個でも6個でもお小遣いで買えるよと。で、5、6個ぐらい買ってくるわけですよ。買うときはこれで3日分ぐらいかな、と思っていたのに、目標は大きく上振れてですね。1日で全部食べちゃう。

ほんとうに好きなことであれば、目標は必要ないんですよ。計画して、本を読む、読まなければと言ってる人は、特にある程度の年齢になっている場合、僕が「人」とか「旅」とかに向いてないように、読書に向いていないと思ったほうがいい。

「本を読む時間がない」っていう人も、実は読書に向いていない。お酒を飲むのが好きな人が、「いや~、お酒飲みたいんだけど時間がなくて」って人はあんまりいない。忙しいって言いながら、しょっちゅう飲んでんじゃねえか!っていう。

向いてない読書を無理にすると、本との本格的な対話であるとか、量的にも質的にもまとまったものをインプットするっていうことが、きちんとできないと思います。やっぱり向いてないことってあるんですよね、人間って。それを無理にやるのが一番よくない。

そういう人は、「人」と会ったり「旅」に出たほうがいいと思います。

画像: 経営者と読書-その4
好きなものを読む。無理は禁物。

楠木 建
一橋大学ビジネススクール教授
1964年東京生まれ。幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、一橋大学商学部助教授、一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授、2010年より現職。
著書に『「好き嫌い」と才能』(2016、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則』(2016、ダイヤモンド社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『経営センスの論理』(2013、新潮新書)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)などがある。

ここでは紹介しきれなかった話をお届けする、楠木建の「EFOビジネスレビュー」アウトテイクはこちら>

This article is a sponsored article by
''.