日立は神奈川県秦野市千村の里山に「日立ITエコ実験村」を2011年に開村し、ITが生態系保全に関して、どのように貢献ができるのかについて実証を進めています。例えば、温湿度センサーやGPS、カメラを使った農業支援や鳥獣害対策、ドローンを活用した里山の3次元の地形モデル作成など数多くの実証実験を行っています。そして、このITエコ実験村のもうひとつの特長は、秦野市や東海大学、地域の人々との協創によってさまざまな保全活動を進めていることです。

生態系保全への活動を地域と協創

日立は、神奈川県秦野市千村の里地里山にITの実証実験の場として「日立ITエコ実験村」を2011年に開村しました。里山の雑木林には湧水があり、ニホンカモシカやアナグマ、タヌキなど生息する動物たちの水飲み場になっています。また、自然のミネラルを豊富に含んだ湧水は里地の水田を潤し、水路や溜池には神奈川県の絶滅危惧種に指定されているホトケドジョウやアカハライモリが生息するなど、多様な生態系が存在しています。まさに日本の原風景とも言えるこの場所で、日立は秦野市や東海大学、そして地域の皆さんと共にITを活用した生態系保全のためのさまざまな取り組みを進めています。

ITエコ実験村ができるまで、この場所は長い間、休耕田で荒れ地でしたが、地域の皆さんと共に水田や水路の整備など休耕田の再生を進め、生き物たちを呼び戻しています。また東海大学の皆さんと、ITエコ実験村の里地里山にどんな生き物が生息しているのか、継続的に生き物調査を行い、自然共生研究に役立てています。そして地域のこども園や小学校の皆さん、日立の従業員とその家族に向けて、自然体験学習の場として、田植えや稲刈り、生き物観察会など自然と楽しく触れ合える機会を数多く提供しています。さらには神奈川県の高校生の皆さんの環境学習の支援や環境を学ぶ大学生のインターンシップ生の受け入れなど、環境人材の育成もバックアップしています。

画像: 生態系保全への活動を地域と協創

ITの活用で生態系保全活動の進化をめざす

ITエコ実験村では、こうした保全活動に対してITにどのような貢献が可能なのか、数々の実証実験を行っています。この村には多種多様なセンサーやカメラによって収集したさまざまなデータを分析、活用する「IoT」の技術が導入されています。例えば、「農業IoTソリューション e-kakashi」を活用した実証実験では、センサーで水田の温度や湿度、水温、日射量、土壌水分量などのデータを収集し、里山でのコメ作りのノウハウを構築し、それを共有する取り組みを進めています。また、「新鳥獣害対策ソリューション」を活用した実証実験では生体センサーを設置して、動物の侵入を検知したら音と光で威嚇し、田畑から離れるように仕向けて、農作物を守ると同時に人と動物との共生を図っています。さらに、「ドローン運用統合管理サービス」を活用した実証実験では、ドローンで撮影した画像を使って高精度な3次元の地形モデルを作成し、生き物の生息データと関連付けることで、里地里山の見える化に取り組んでいます。

画像: ①農業IoTソリューション e-kakashi ②新鳥獣害対策ソリューション ③ドローン運用統合管理サービス

①農業IoTソリューション e-kakashi
②新鳥獣害対策ソリューション
③ドローン運用統合管理サービス

ITエコ実験村 村長(日立製作所 環境推進本部 本部長)の出居昭男に、生態系保全におけるITの役割について聞きました。「里山は、人が適正な手入れをすることによって自然の資源を持続的に受け取ることができるシステムです。すなわち里山の保全には、人と自然とのコミュニケーションが重要になります。この村ではITを使って収集したデータを分析し、里山の保全状況を見える化することで、自然とのコミュニケーションを活性化したいと考えています」。

画像: 日立製作所 環境推進本部 本部長 ITエコ実験村 村長 出居昭男

日立製作所 環境推進本部 本部長 ITエコ実験村 村長 出居昭男

ITエコ実験村の活動への地域の期待

日立と共に活動を進める秦野市は、その豊かな生態系を財産と考えています。秦野市 環境産業部 環境保全課 課長の谷芳生氏は、協創による保全活動に手ごたえを感じています。

「秦野市の原風景である貴重な谷戸(*1)のいくつかを、市では“生き物の里”と指定して保全に努めていますが、日立ITエコ実験村もそのひとつです。特にITエコ実験村では、日立さんがリーダーシップをとって地元の人たちを巻き込みながら管理をしていて、とてもいい取り組み方を進めています。またITを使った新しい取り組みも、“生き物の里”の保全だけでなく、秦野市の農業にも貢献してくれるものと期待しています」。

画像: 秦野市 環境産業部 環境保全課 課長 谷芳生氏

秦野市 環境産業部 環境保全課 課長 谷芳生氏

東海大学 教養学部 人間環境学科 自然環境課程の北野忠教授もITの活用により保全活動の輪がさらに拡大する可能性に大きな期待を寄せています。

「生物多様性が豊かであることは、人間が生きていくうえで重要だと言われています。そして里山というのは、人が手を加えることで、結果的に生物多様性が進む場所だといえます。里山の管理は、もともとは管理している方の経験や勘によるところが多かったわけですが、ITを使ってそうした知恵を数値化することで、より一般的な方でも里山を管理することができるようになると期待しています」。

画像: 東海大学 教養学部 人間環境学科 自然環境課程 北野忠教授

東海大学 教養学部 人間環境学科 自然環境課程 北野忠教授

*1谷戸:丘陵地が浸食されてできた谷状の地形。水が集まるため古くから集落があり、田畑が営まれている場合が多い。

里山保全は地域の活性化にもつながる

里山の保全は、生態系の保全を進めるだけでなく、いま、元気を失っている地域の活性化にもつながる、と言われています。「里山資本主義」の著者で、地域振興を研究している株式会社 日本総合研究所 主席研究員の藻谷浩介氏にお話を聞きました。

「里山というのは、人にとってビタミンのような場所です。地域の活性化とは、究極的には人が減らなくなることですが、そのために里山地域が都市部よりも優れている点を理屈でもわかり、体でも経験した人を増やしてほしい。そうすると里山地域から一回出て行っても戻って来る人がいる。出て行かなくてもいいのではないかと思う人も増える。老後になってからやっぱりこういう所で何か作りながら暮らそうという人が増える。その結果、地域の人口が減らなくなる。これはものすごく地域活性化に意味があります。また、日立さんが里山の価値にいち早く気づいて、このITエコ実験村でいろいろな活動をしているのを横から見ているだけでも、世の中の皆さんの価値観を切り替える大きなきっかけになるはずです。ぜひここから世界の里山保全が始まったと言えるような取り組みを創り出して欲しいですね」。

画像: 日本総合研究所 主席研究員 藻谷浩介氏

日本総合研究所 主席研究員 藻谷浩介氏

2015年、国連サミットで採択された持続可能な開発のための国際目標「SDGs(*2)」でも、生態系の保護を見据えた森林の管理や温室効果ガスの排出量抑制などが謳われています。

画像: 里山保全は地域の活性化にもつながる

いま里山は“SATOYAMA”として、自然資源の持続可能な利用形態のひとつとして、グローバルなキーワードになっています。日立は、SATOYAMAの恵みを次の世代に引き継ぐための新しい取り組みを、ITエコ実験村で地域の皆さんと共に協創してまいります。

*2 SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
* 記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社などの商標もしくは登録商標です。

関連リンク

動画(HitachiBrandChannel)

その他の様々なユースケースをご紹介 デジラルシフトで、世界に新しい正解を
メールマガジン メールマガジン

This article is a sponsored article by
''.