大学で経済を学び、卒業後は、世界有数のコンサルティング会社に入社。のちに独立し起業を果たす―― この経歴を聞けば、きっと脇目も振らずエリート街道を歩んできた人だと思うだろう。しかし西山浩平氏の場合は、少々事情が違う。学生時代には、学業そっちのけで自作の彫刻を売り歩き、手作りの鞄製作に打ち込んできたというクリエイターなのである。そんな同氏が、インターネットの持つ“新たな価値を形成する力”によって、モノづくりの可能性を広げようと立ち上げたサイトが「CUUSOO(くうそう)」だ。異色のクリエイターが “空想”する、モノづくりの新しいカタチとは?

西山浩平 -Kohei Nishiyama-

1970年生まれ。10代を南米などで過ごした後、東京大学入学。在学中に鞄のオーダーメイド事業を手がけ、桑沢デザイン研究所で工業デザインも学んだ。卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、1997年「空想生活(現 CUUSOO)」を設立。2000年度グッドデザイン賞を受賞。2007年にはダボス会議主催の世界経済フォーラムにてヤング・グローバル・リーダーに選ばれている。2013年、一度は退いたCUUSOOの代表に復帰した。


インターネットで変わる資金調達の常識

近年、利用者が爆発的に増えたFacebookやTwitterなどのソーシャルメディア。その成功が示すように、インターネットは、国籍や性別、世代を超え、人と人を結びつけ、コミュニティを形成する強力な力を持っている。

そうしたインターネットの可能性を生かした新潮流の1つとして注目を集めているのが「クラウドファンディング」だ。クラウドファンディングとは、「Crowd=群衆」+「Funding=資金調達」を組み合わせた造語。インターネットを通じ、不特定多数の人々から資金調達を行うことを指す。

出資を募る側は多様だ。事業プランを提示するベンチャー企業やNPOもいれば、製品開発のプランやデザインを提示するメーカーもいる。そして、それを閲覧した人々が、投票や投資行動などを通じて「夢の実現」を後押しする――クラウドファンディングは、ある目的のために資金を必要としている人と、それを支援する人とをつなぐ、資金調達の新しいカタチとして注目されている。

実際、アメリカではこの動きが社会に浸透しつつあり、あるクラウドファンディングサービスが2013年に調達した資金額は、約4億8000万ドル(約490億円)にのぼったという。ちなみに、そのサービスが設立されたのは2009年のことだ。

しかし、その2009年よりはるか以前、1997年にクラウドファンディングの仕組みを取り入れたサービスを立ち上げ、事業化に成功した人物が日本にいる。それが西山浩平氏。ユーザー参加型の商品化コミュニティサイト、「CUUSOO(旧名称:空想生活)」を立ち上げ、“焦げ付かないモノづくり”のための仕組みを完成させた人物である。

大学時代には、自作の彫刻を大使館で販売

西山氏の経歴はユニークだ。大学を卒業後、世界有数のコンサルティング会社に入社。その後、独立して「CUUSOO」を開設――こう聞くと、エリート街道をまっすぐ歩いてきた人物のように見えるが、事実はそう単純ではない。

「10代をコロンビアで過ごした私は、彫刻家志望で、海外の美術大学への進学を考えていました。しかし、高校卒業を機に帰国することになり、日本の大学に通うことになります。といっても大学入試のシーズンはすでに終了していました。そこで唯一、父親が帰国子女枠で願書を提出し、入学を受け入れてくれることになった大学に入学したんです」(西山氏)

こうして、日本の大学に通うことになった西山氏だったが、海外生活が長かったため、日本語はほとんど話せない。講義に出席しても、日本語の授業を理解できない。すぐに大学はドロップアウトし、想いを捨てきれずにいた彫刻の道でビジネスを開始。自ら作った彫刻を、コロンビアの公用語=スペイン語が通じる外国大使館などで販売していたという。

「無謀なようですが、それなりの数の彫刻を買ってもらうことができました。ただ、1度は買ってくれた人たちも、2回はなかなか買ってくれない。彫刻はリピートしてもらえる商品ではなかったんです。そこで、新しい分野への転換を余儀なくされました」(西山氏)

オーダーメイドの鞄製作事業で年商3000万円

画像: オーダーメイドの鞄製作事業で年商3000万円

こうして西山氏は、大学在学中に2つ目のビジネスを開始することになる。それが、数人の仲間と始めた、手作りのオーダーメイド鞄の製作だった。
鞄を選んだのは、やはり造形にこだわりがあったため。オーダーメイド形式をとったのは、在庫を抱える必要がなく、作った製品を確実に買ってもらえるからだった。さらに、顧客の要望を聞きながら作るので顧客満足度も高く、製品を気に入ってくれた人たちからのリピート発注も望める。クチコミで事業は拡大し、年商は3000万円にまで達した。

「しかし3年ほど事業を続けたところで、1つの問題に突き当たります。それは、このビジネスはスケールアウトが難しいということでした。オーダーメイドですから1人1人の顧客へのヒアリングに時間がかかります。そうすると1日に作れる鞄の数にはおのずと限界が生まれ、年間の生産可能数も計算できてしまう。つまり、いまのやり方では、これ以上事業は拡大しないと分かってしまったんです」と西山氏は振り返る。

考え方を強制的・効率的に変換する方法を模索

考え方によっては、現状維持でよしとすることもできたろう。しかし西山氏は、突き当たった問題を乗り越える方法を見つけたいと考える。そのためには、いま、自分が持っている知識や見解だけでは無理がある。

「どうすれば、自分の考え方や思考のプロセスを、一番効率的に変えられるのか」――西山氏が出した答えは、コンサルティング会社に入社し、強制的に自分の考え方をリセットするというものだった。

こうして西山氏は、世界有数のコンサルティングファームで、自らの思考の組み替えと、モノづくりビジネスの可能性を広げるための糸口探しに取り組む。しかし西山氏はそこで、 “辛抱の時代”を過ごすことになるのである。


Next:夢をかなえるITの力「株式会社CUUSOO SYSTEM」後編 >

関連リンク

このシリーズの連載企画一覧

「三方よし」の心で拓く伝統産業の未来 >
作り手と買い手のニーズをITでつなぐ >
「最高の授業」を、世界中の子供たちに >
働きたい人が自由に働ける社会をつくる >

This article is a sponsored article by
''.